REBECCA 1回目

プレミア公演見てきましたー!!!!

見に来てよかった!ってものすごく感じました。

でも、なぜそこに笑いを入れる?ハンガリー演出!!って思ったのが第一印象です(笑)

だって、面白かったんだもん。

役柄とかそういうところではなく、小さなところに笑いが入ってるんですよ。だからシリアスな話なのに客席にちらほらと笑いがあるのです。(まあ、後日まとめる予定ですが、某キャストで笑いが起きたりもしましたが・・・)

今日のキャスト

"Én" : Vágó Zsuzsi
Maxim de Winter : Szabó P. Szilveszter
Jack Fawell : Bálint Ádám
Mrs. Van Hopper : Náray Erika
Frank Crawley : Pálfalvy Attila
Mrs. Danvers : Janza Kata
Beatrice : Nádasi Veronika
Ben : Sánta László
Julyan ezredes : Dézsy Szabó Gábor
Frith : Marik Péter
Robert : Oláh Tibor
Giles : Csuha Lajos
Horridge : Péter Richárd
Mrs. Rutherford : Arányi Adrienn

あと、個人的にとっても気になったシーンは
アディ!!登場シーンで階段を数段下りるところでいきなり段を抜かして「ゴンッ!」って音がしつつも普通どおりに進みましたが、とっても気になりました。明日からは気をつけてね(笑)

先日UPした記事のKata姐さんの勝ち誇ったポーズはやはりあのシーンでしたね・・・。

ほかにもたくさん書きたいですが、まあおいおい何度も見てからちゃんと書こうと思います。

ただ言えるのは、相変わらずこの国(この劇場?)の女性強すぎるよ(笑)怖いです(爆)
[PR]
by naonao_vagyok | 2010-03-20 08:23 | ハンガリーミュージカル
<< 祝!3万人 天気予報って色々 >>