REBECCA9回目

REBECCA9回目の感想ですが、ロンドンに戻ったらまじめに書く予定ですが、とりあえず今日会ったことを。

まずは、チケットを引き取りに昼間に劇場に行くと、今日はアンドラーシ通りを歩行者天国にしてブロードウェイフェスタをやっていて、劇場の前にも特設舞台ができて、色々やってました。

そこにはもぎりのおじさんがキャストたちの横で縁の下の力持ちとして仕事をしてたり、劇場入り口横に何故かPirgel DavidとSzabo P. Szilveszterさんがタバコを吸ってたりしてたので、思わず一緒に写真を撮ってみたり(笑)
だって、こんなところにSzaboさんがいるなんて、即GETでしょう♪

チケットを受け取った後は、またアンドラーシ通りに戻ろうとしたら、道を歩くKővári Lászlóがいたので、これまた挨拶をしてハグ♪

その手前にもSusuとかPetiとかいて、ちょっと楽しかった。イベント自体も気になったけど、今回は時間がないので諦める。まてば誰かがYoutubeにUPするでしょう!!

舞台では、アンサンブルが数人入れ替わっていたり、せりふがほんの少し変わっていたりしてました。

笑えるトラブルでは、一幕の最初で幕に海の漣が映るところで途中そのプロジェクターがエラーになったのか大きく一瞬「DVD」と映って笑ってしまいましたが、みなさん一瞬過ぎて気がつかなかったようです。

レベッカの真実を独白したあと、EnにすがるZoli。近づきすぎたのか、Doriの体におでこがついたままヅリヅリと下がっていったら、マイクに変な音が・・・シリアスシーンなのに笑ってしまいました・・・私だけ(爆)

とりあえず、思い出せるのはこれくらいです。

あ、同行のイギリス任とよく触れ合ってる人は、Zoliの行動をイギリス紳士っぽくないと評していたので、だってハンガリー人は無駄に暑いので仕方ないよとナゾの答えを返す私(笑)

では、またロンドンに戻って落ち着いたらUPしたいと思います。
[PR]
by naonao_vagyok | 2010-09-19 06:41 | ハンガリーミュージカル
<< 11・12月の演目出たけど・・・ Vámpírok báljaが... >>