4月10日Romeo es Juliaの感想

Romeo es Julia見てきました!!
これは、前にJumiさんがフランス語版CDを購入して聞かせてもらったのが始まり。
その時、フランス語もよく分からないのにはまった覚えがあります。(あれ?毎回言葉分からないのにはまっている気がするぞ?)今回は音源の予習として、ウィーン版とハンガリー版のCDを聞いて、内容としては昔の映画(新しいR&Jの映画ではなく)を借りてきて見ました。
それだけの知識で見てきました。

全体の感想としては、やっぱり面白い!次がどうなるかストーリー的に知っててもドキドキする!!
ただ、ムダに両家の人々が多くてそんなに人いらないんじゃ?と感じました。
(人が多すぎてアンサンブルが捜しにくいの!←メチャ個人的理由ですね:笑)

キャストです
Romeo    Dolhai Attila
Julia     Vago Zsuzsi
Tybalt Szabo P.Szilveszter
Mercutio Bereczki Zoltan
Benvolio Meszaros Arpad Zsolt
Escalus Imre Sebastian
Capulet Csuha Lajos
Capuletne Furedi Nikolett
Montaguene Csengeri Ottilia
Dada Naray Erika
Lorinc Bsrat Fuldes Tamas
Parisz Egyhazy Geza

Dolhai君二日続けて出会ってしまいました。
やっぱりダンスは微妙。周りで踊っている人達はダンスをして付いたしなやかな筋肉なのに、Dolhaiはジムに行って鍛えましたよ!みたいなゴツイ筋肉。それが邪魔して踊れない感じ?ちょっと足の太さ(デブじゃないんですが、周りの人の足の太さより太いの!)でも目立ってました!
Romeoを聞いててもちょっとWolfgangを思い出しちゃったりしました。
DolhaiにRomeoって歳がちょっと行き過ぎてる感じがしました。もう少し若くてもいいと思う。(別にDolhaiのRomeoが不満ていうわけじゃないですよ!)
そういえば噂の?懸垂でJuliaのベランダに上がるっていうの見ましたよ!!あの筋肉はこうゆうことをするためにあるんでしょうか?(笑)

Julia役のVago Szuzsiは先日Nannnelで見てました。可愛らしくていいと思いますが、もうちょっと声が伸びて欲しかったです。
でも、演技もとっても上手くて満足なJuliaでした♪

Tybaltは語りたいけど・・・。
特別思い入れがありすぎるのか、もう少し出番が欲しかったのが内心。
でも、オイシイ役ですよね!!
Jasmineさまが言っていたようにとってもペンダント大事にしてましたよ♪中身はやっぱりJuliaの写真でしょうか??
仮面舞踏会の時に、ダンスの輪に入って踊っているのがなんともいえず面白かったです!
Romeoを殺そうと決意する所?で、部屋のような隙間?空間?に入ってるのがカワイイ!!
語りだしたら長くなりそうなので今日はここまでで!あ、やっぱり奇声は上げてました。相変わらずビックリです。あの顔であの雰囲気でどうしてあんな感じなんでしょうか?(←ソコがツボなんですけどね:笑)

MercutioのZoliはイイ!!!上手い!!大好き!!(←ソコまで言わなくても・・・)カッコイイし、身軽でダンス上手いし♪演技も凄くウマイ!!
何も言う事ありません。
ただTybaltと同じでもっと最後まで出番欲しい!(でもそうすると話の内容変わってきちゃうけど:笑)

BenvolioのMeszaros Arpad Zsoltは昨日感想にも書いたけどよく会うなぁ。
最初出てきたときにあの変な頭はArpadに違いない!って思うほど個性的な髪型ですね!
役どころしては後半おいしいというか、お前のせいじゃ~ん!って思いますが、Arpadが悪いわけではない!Benvolioがおばかちゃんなだけで(爆)
後半のソロはやっぱりウマイ。歌は上手くて好きですこの人。(←でもWolfgangには会わないと思う)

Escalus役はImre Sebastianでした。ガストンとは違い髪形もノーマルでかっこよかったです!歌もウマイし♪
カテコのときのマントの翻し方がなんともナルっぽい・・・。

Juliaのお母さんですが・・・この人の愛人がLaszloじゃん!!
今迄で一番目立つ役だけど愛人(笑)
一人赤いシャツで出てるので凄く見つけやすい!!ダンスとかの群舞にもたまにいるけど基本はお母さんの近く。
Juliaの結婚が決まった後で左隅で二人でメッチャいちゃついてるんですが、部隊の中心も見ずにそこばっか見てました(笑)だって、シャツっ引っ張られて胸元はだけてるんだもん♪
退場する時にお母さん抱いて反対の手でそれまで座ってた椅子を持って出て行くんだけど、力持ちだなぁって見てました(そのせいでストーリーから一時離されてる私の意識・・・)
あ!お母さんの感想ぢゃ無い・・・

PariszがHomonnayさんが休演中だからきっとずっとこの人かな?Egyhazi Geza。顔が余り好きじゃない!この人に迫られたら私でも逃げるね!!
歌はまあまあとても上手いわけでもなく下手でもない。
ネタばれですが、この人最後にRomeoに殺されるんですが、もともと殺されてました??映画の記憶では殺されない気がしたんだけど記憶違いかな??

Lorinc役にFoldes Tamasさん!!この人はミュンヘンのMOZART!のLeopord以来!!
やっぱりすごく上手いです!!最後のソロの所なんか泣けてきちゃいそうですよ!!

いっぱい見所満載で、見るたびに色々な発見がありそうな内容でした。
5回観るので頑張ってチェックしていきたいと思います!!そのためにはLaszloばっかり見てるのやめなきゃ(笑)

カテコでSzilveszterさんへの歓声が少ない!!ちょっとショックです!!冷たい感じの(冷たく見えるだけで実は熱い青い炎のような:笑)役の所為か・・・悲しかったので頑張りましたよ!!「ヒューヒュー!!」

もちろん出待ち♪
キャストの中でもLaszloは早い!「Szia!」とだけ挨拶。

Szilvesterさんもいつものように出てくる。話しかけようとするがオーラで拒否される(笑)でも、MOZART!や美女と野獣の時みたいに怖いオーラを出してても近寄ろうとする人いるのに
皆無!!さぞ本人は帰りやすいでしょうが(笑)Tybalt人気が無いのかやっぱり少し悲しかったです。でも、明日には捕まえてDVDジャケットにサイン貰わねば!!

少し待ってZoli登場!せっかくR&JのDVDを買ったのでサインを貰う。名前を聞かれて答えると、「知ってる!」と答えてくれました♪先週のことだけど覚えてくれてて嬉しい♪

すぐにDolhai登場。サインをもらう時に「名前は~NAOKOだ!」とさすがに昨日の今日では覚えていてくれたらしい(笑)だって昨日怪しい手紙渡したし(^o^)

何故か出て行ったはずのZoliが帰ってきて中に入り帰り際のArpadを捕まえて長話。しかも分かれた後Arpad中に引っ込もうとするが、そこはいい人のZoliが出待ちしてる人がいるからと連れて来てくれる。(廊下でやっていたジェスチャーだけで内容決め付けてます!)
サインを貰うが、余所見をしてて少しはみ出る・・・。なんか悲しかったよ・・・。

後は、女性陣とMikolaとSebastianとTamasさんを待つが出てこない(>_<)

23:20まで待って諦めて帰宅、と思ったらもう地下鉄ないし!!根性無さすぎ!!0時くらいまで走っててよ!!
歩いて帰宅。近くていいんだけど、もしかしてあんまりこない夜の地下鉄を待つより歩いて帰ったほうが早いのかも?と気づきました。
[PR]
by naonao_vagyok | 2007-04-11 17:17 | ハンガリーミュージカル
<< 4月11日Romeo es J... たまには日記でも(笑) >>