Rudolf語り 一幕

ちょっと内容を簡単に感想入れつつ書こうかと思いましたので、書いてみます。

私情一杯+ハンガリー語は全く分からない+英語字幕なんて見ちゃいない=内容はほぼ妄想(想像って言ってたら友人にそれは妄想と訂正されたので)です!!

そういえば、今回の宿はオクトゴンよりに取ったので出待ちの後楽屋出て右に曲がって帰っていたんですが、日曜日だけマチソワだったのでマチネの出待ちの後左に曲がって劇場入り口に行きました。
そしたら、たまにキャストさんたちがお茶してるオペレッタカフェでその日はなんと総帥がお茶してました!!見つけたくなかったけど、インパクトあり過ぎで目に入っちゃったよ・・・。

思い出して書いてるので、間違いは多いと思います。気づいた方は教えてください!

長くなったので、とりあえず一幕だけ。



幕が開く前に、オケのみの前奏が入る。(なかなかせつない感じの曲)

幕が上がると、盆の周囲にアンサンブル達(一部メインキャスト含む)がマネキンのようにポーズを取っていて盆は廻ってる。中心上部(空中)に人形遣いがいて歌う。
カウントダウンが始まって、Taffee首相♪がスイッチを入れると街灯が点く。(もれなく後ろで花火?が・・・)
FJやハンカチを持ったルドルフが出てくる。(なんでハンカチ持ってるんだろう?)
みんなが歌ってると、デモ隊みたいなのがやってくるが警官に追い出される。ここでルドがハンカチ落として首相に拾ってもらう。
コレ

FJの執務室。親子で言い合ってる。個人的にツボだったのはFJの机の上にある新聞がちゃんとドイツ語だったこと!!(ZeitungとかBlattとか書いてあった!)
ここの親子デュエット中々好き。あと、ここのルドの軍服もカッコイイが、Dolhai太ったの?背中のあたりがパツンパツンで横に皺寄ってます・・・。
Taffeeがさり気に出てくるのもイイ♪(うぉ~カッコイイよ~!!)

人形遣いが自分の荷物(人形とか)の入った台車を押しながら出て来て歌う。
いろいろな人が人形遣いの持つ怪しい人形の占いを買ってる。
そこにラリッシュ夫人とマーリアがやってくる。キラキラを振りまきながら占いを売る人形遣い。そのキラキラで?くしゃみをするマーリア。そんな彼女にハンカチ(もしかしてティッシュ)を渡す人形遣い。
ラリッシュ夫人の歌明るくて大好き!!羽扇とか傘とか出て来て♪
最後は人形遣いとチビが闘牛の真似をして、チビが舞台の右から左にいる人形遣いに向かって側転とバク転して人形遣いの腕の中に入るときと、ラリッシュ夫人とかの歌が終わる時が合う。このときタバコとかくわえててみんなかわいい!!
マーリアが歌ってると、人形遣いがキラキラノ入った袋を彼女にプレゼントする。マーリアを呼びにきた夫人と袖に入る前もマーリアクシャミする。(なんで?)
コレ

ルドルフの部屋でルドとステファーニア(嫁)が口論してる。その前になにかルドは薬飲んでる。(何の薬だろう?)
で、ルドのソロ。舞台を所狭しと動き回ってる。結構せつない感じの歌。好きな歌です。

舞踏会シーン。ここでルドとどっかの王子役のSebastianが知り合う。(ここ以外彼はアンサンブルなのよね)
で、マーリアと知り合うルド。会った途端クシャミする二人。(どういう位置づけなんだろうなぁクシャミ)二人で仲良く歌いながらダンスする。
この二人の間にいきなり入ってきて邪魔をするステファーニア。なにか馬鹿にするようなこと言うがマーリアがフォローしてるっぽい。
で、マーリアは4人の男との人とちょっとづつ踊るんだけど、この中にMikolaがいるのさ!!
そんなステファーニアにSebastianがダンスを申し込むが断られ、困ってるうちに曲が終わり舞台のセンターで困った顔で笑顔をしたSebastianがポーズをつけて終わる♪
コレ

人形遣いが等身大のお姫様人形を持ってダンスしながら歌いながら舞台左から右へ・・・。

舞台左にルドの部屋。右手前の花道みたいな所にマーリアの部屋+妹。で、ルドとマーリアが互いに出会いを思い出しながら歌う。
このシーンでマーリアが着てる衣装がライトが当たると透けて足のスタイルが見えるのが気になるのは私だけ?(まあとっても細い足だから見せても問題ないんだけどね)
コレ(Dolhai&Bernadett)
コレ(Arpad&Zsuzsi)

喧嘩の音みたいなのが聞こえて、机とか椅子が倒れて人も倒れた状態の事務所?が出てくる。
机とか直して、アンサンブルがいなくなるとルドがやってきて、革命派の人たちといろいろ話す。
ここの革命派のアンドラーシ役のGyörgy Rózsa Sándor がカッコイイ!そして、中々侮れないのがおじさんのPálfalvy Attila ですが、とにかく声が良い!!低くて響いて実は超好み♪Kero Mateとかはこの際ムシ(笑)一人迫力無いんだもん。
ここの歌のシーンとてもいいし。何が良いっていうと、途中足踏みしながら出てくる黒服+黒のロングブーツのアンサンブル!!のハンガリーダンス!!あまりのかっこよさに熱く語っちゃいますよ!!もちろんMikolaも混ざってます♪
コレ

革命家から重責を負わされたっぽいルドのソロ。歌ってる周りを市民たちがウロウロ歩く。ルドが動き出すとみんな固まって止まる。ルドが話しかけるがみんな動かない。
ここの曲もすごくイイ(このミュージカル曲良すぎてどれもコレもイイとしか書けない!!)
コレ

教会シーン。Taffeeとラリッシュ夫人がなにやら言い合っている。超好きです!!このしーん!!Taffeeのかっこよさが始めて出てくる感じ??途中夫人を後ろから抱きしめて体を触るときの手つきのいやらしさがっ!!(ただ、Tamasおじさまの時、身長差が・・・。それでもカッコいいんですが:笑)
コレ!!

遊園地っぽい雰囲気(もしかしてプラーター?)みんが浮かれている中にくるルドとマーリア。
ルドがマーリアに名前を呼ばせる練習?をさせてるんだけど、ここでいつも思うのは「Arpadは巻き舌が出来ない?」です。だってDolhaiもBernadettもZsuzsiも「るるるるルドルフ」っていうのにArpadは言えないっぽい、いっつも「るールドルフ」って感じなんだもん。それに合わせてその時のマーリアは巻き舌しないんだよね。
この遊園地にはクルクル廻るヤツがあって(言葉では言い表せれません)最初Mikolaとか乗ってるんですが、最後は監視してたTaffeeのスパイが乗せられてました。
コレ

FJの執務室で、FJとTaffeeが何か語り合ってると、ルドがやってくる。そして、始まる親子喧嘩。途中で出て行くTaffee。
ここで、FJが捨てる新聞を次のシーンで人形遣いが拾う。

新聞を人形を使いながら民衆に面白おかしく話す人形遣い。
そのあと、自分の?発行する新聞を売りつけてなんか民衆を煽り立ててるっぽい。
ここの民衆の歌もイイなぁ。人形遣いがベンチの後ろの階段?に立って格好つけてるのもカッコイイ♪
コレ

両脇から橋みたいなのが降りてきて後ろからも同じ橋が降りてきて真ん中で交差する感じでT字の橋が出来る。そこの上にTaffeeがいて、スパイからの報告を受けてる。スパイが去った後に人形遣いが来て(この出てきかたにキャラが現れてる・・・。怪しい出て行き方と、ノーマルな出て行き方と:笑)人形遣いはTaffeeのタバコに火をつけて一緒または別々に去っていく。
その橋の下に現れるルドとマーリア。でも待ち合わせしてるので、まだ二人は互いに気づいて無い。
ルドのソロ。で、ベンチに座ると隠れてたマーリアがルドの目を隠す。と、ルドは「カトリーナ・ソフィ・ミッチィ?」とわざと他の女の名前を呼ぶ(笑)。もちろん怒るマーリアにウソだよ!って言い訳して指輪をあげる。
イチャイチャしてると、スパイが見てるのに気づく。ルドは起こって声を荒立てる。で、そのスパイは去ってくが舞台右手の花道にもう一人スパイがいる。それには気づかず、イチャイチャ再開。
スパイはチビ(人形遣いのツレ)を呼び何事か頼む。チビはナイフを取り出して木に落書き?してる。ルドは帰ろうとしてその行為を見て子供にお金を握らせナイフを貰い、木に何か書いて(もしかして相合傘?)そこにキスしてマーリアと別れる。
マーリアは一人歌を歌ってると、雪が降り、ルドの執事?が傘持って来て一幕終わり。
コレ
[PR]
by naonao_vagyok | 2007-09-20 04:16 | ハンガリーミュージカル
<< 10月ELISABETHキャスト発表 Rudolf観劇と出待ちのまとめ >>