ELISABETH 4・5回目観劇

昨日と今日の分です。
あまり長文を書く元気が無いので、短文にまとめます。
個人的意見の塊なので突っ込まないで下さいね。

キャスト
ELISABETH Janza Kata / Furedi Nikolett
LUCHENI Szaraz Tamas
HARAL Szabo P.Szilbester / Kamaras Mate 
FJ Bereczki Zoltan / Balint Adam
Rudolf Dolhai Attila / Szabo David
です。

昨日も書いたようにJanza Kataさんのエリザが見れてちょっと嬉しかったです。
今日はNikolett@Elisabethですが、Kataさんより若くて(すいません!)かわいい感じでした。途中声が安定しなかったりと少しハラハラしましたが、Kataさんは流石!!歌も演技も安定していてとてもよかったです。
最初の若い頃は年齢的にもちょっと無理があるなぁと思いましたが、某日本の方々よりは無理して無いと思いました。
その代わり後半の歳を重ねてからのシーンはとても合っているしよかったです。
Nikoは今日「私だけに」の最後の一節「♪私に~♪」を歌いだしから躓いたけれども頑張って歌いきってました。初めて聞く人には違和感は無いと思いました。

ルキーニは、7月より上手くなってました!!緊張感がいい感じに取れて歌も迫力が出てきてました。
でも、個人的ショックなのは予定キャスト表をいまさら確認しましたらFoldas Tamasさんが今回で無い(>_<)
大好きなのに出ないなんてすごくショックでした!!残念。

ハラール(Der Tod)ですが、やっぱりSzilveszterさんが一番好きかも♪動きとか激しいし(笑)歌とか叫び声とかも激しいし♪
Mateの演技とかも7月と特に変わりとかはなかったです。

FJは、Zoliは7月に見たときより柔らかくてエリザに対しても優しい・愛しい感じが見えるようになってきたと思います。ただ、私が見たのは7月でも最初の週なので2週目にはこんな演技だったかもしれません。
FJがエリザの寝室を訪ねていく所で、紙を渡されて出て行くとき、Zoliは思いっきりドアを閉めるのでタダおいてあるだけの扉なので倒れそうなくらいゆれるんです。シリアスなシーンなのにここで笑いが起きる・・・。Adamの場合は普通に閉めて少ししかゆれなかったので笑いは起きませんでした。
Adam@FJはあいかわらずカワイイ♪(あれ?私だけかも?)今回髪の毛が黒だったんですが、7月の時ってどうでしたっけ?記憶にありません。
でも、出待ちしたときは地毛の色だったのでカツラ?か洗って落とせる染料でもつけて出ているのでしょうか?Zoliは地毛の金髪で出てましたよ。

ルドルフのDolhaiはあいもかわらずな存在感を発してますね。すごいです。ハラール食われそうですよ(Szilveszter@Haralなら食い返す?)
Davidルドルフはやっぱりバッチリ七三分けの髪型で出てくるのでとってもおでこが気になるー!!
前回の公演の時は気づかず、どなたかのブログかコメントで見て知ったのですが、チビルドルフは大人ルドルフに合わせた髪の色してるんです!!Dolhaiのときは黒髪の子供。Davidのときは金髪(茶髪?)の子供。
で、昨日はDolhaiだから黒髪の子がチビルドルフ。今日は違うなーって見てたら、その子他の場面にアンサンブルとして出てました。ちょっとビックリ。
ってことは、今日のチビルドルフも昨日はアンサンブルやってたのかな?日本ではありえなさそうだ。

あんまり感想っぽくないなぁ・・・
色々突っ込みどころは沢山あるのですが、明日と明後日見終わった時点で全体のまとめをしたいと思います!
また明日は違う組み合わせなのでちょっと楽しみかも♪

追記
そういえばまだ?ELISABETHパンフが売ってない!!普通の2007・2008年パンフは売ってるんだけど、エリザのが無いよ~(>_<)
[PR]
by naonao_vagyok | 2007-10-27 07:06 | ハンガリーミュージカル
<< ELISABETH 6・7回目観劇 ELISABETH 4回目 >>