Elisabeth 12・13回目観劇

エリザのマチソワは疲れる・・・。
今日のニュースはこれでしょう!!
Mate出演せず!!
何があったのか?先日の声の出はイマイチだし動きもおとなしかったけど、出待ちのときは普通だったのになぁ。でも、私的には気にならないどころかSzilveszter@Halálが余分に見れてラッキーと言う感じです。

キャスト
Elisabeth: Vágó Bernadett / Janza Kata
A Halál: Szabó P.Szilveszter
Luigi Lucheni: Szrás Tamás
Ferencz József: Bálint Ádám / Bereczki Zoltán
Zsófia: Nádasi Veronika / Molnár Piroska
Rudolf: Szabó Dávid / Dolhai Attila
Max: Marik Péter
Ludovika: Náray Erika / Felföldi Anikó

Bernadettのエリザを3日続けで見たら、どんどん良くなってきているのを感じました。彼女にはこの役は特に後半とか重いのでは?と感じていたんですが、Halálに対して「出て行って!」という台詞を言うときの迫力がUPしてました。
それ以外も今回は前回より成長した感じで演技も細やかになってました。(7月は緊張してたのかとても固かったし、10月はそれの少し成長した感じで、今回飛躍的に伸びたと感じました)

Kataさんは、やっぱりすごいです!!この劇場のエリザはやっぱりこの人が一番だと感じました。
やっぱり何より迫力と存在感が違う!(ってエリザにそんなに迫力要らない?)
私は結構アンサンブルが好きで主人公達を無視してよく余所見をしてるんですが、Kataさんが出てくると目が引き寄せられる!そのパワーはスゴイ!
でも、どこまで行ってもKataさんはKataさんなんですよね(笑)個人的によぶ時はKataさんというより「Kata姐さん!」と言いたい雰囲気のお方です。
少女時代から迫力満点!!「愛と死の輪舞」で立ち上がった瞬間に髪の毛をバサッて後ろにやるところが少女じゃない・・・。
「私だけに」を歌う時も、自分の部屋の上部に駆け上がっていくときにスカートの裾をグイッと掴み、そこで歌う時生足が片方太もも辺りまではだけてました・・・。
ルキーニがFJとエリザ夫婦を写真撮るシーンでなんとZoliが台詞を言うのを思いっきり忘れた瞬間に、Kata姐さん客席から見えないと思ったのか影になってる左手で「ちょっと!」っていう手招きしてました・・・。Kata姐さん、隅のお客には見えてますよ!!
今回のKata姐さんの演技で一番好きだったのは、FJが寝室のドアをノックする瞬間にハッ!とした表情でドアを見つめるんです。他の二人も同じ様にドアの方を見るのですが、そのハッとし具合が違うんですよ!!ちょっとここらへんで役者としてまだまだ後の二人は若いな、そしてKataさんスゴイ!と感動しました。
一幕最後の見返りエリザのシーンでKataさんだけ扇を広げて他の二人は広げないんです。何でだろう?あれって、ノーマルバージョンは扇広げますよね?
あ、私12回目にして初めて舞台後ろの幕が扇柄だってことに気が付きました!遅い?
二幕のFJからの手紙を旅先で読んで捨てる所で、他の二人は道の外に捨てるんですがKataさんは道に捨てる。なんかその捨て具合も迫力がある。
Kata姐さんネタは止まらないので一時休止して、後でまとめて書くかも。

FJでは今日はÁdámがよかった!!
最初から威厳のある感じだし、なんていってもエリザからの最後通牒の紙を貰った途端怒りでグシャッてして2つに破る!!です!!今まで、優しい感じのFJを演じてた彼がちょっと路線を変えたのかとてもいい感じに変わってました。
(身内でちょっと笑い話にしてしまったりしたんですが、このシーンは本当に良かった!!)
でも、一幕終わりでエリザのところにその紙を持ってこの話を受け入れるよって言いに行く時破れちゃったんだって言う感じの手の動きがÁdámらしくて(かわいくて)とてもよかった!!
一時の感情でスゴイ怒ったけど、その後後悔してるんだって言うのが伝わってきました。

Zoliは、台詞忘れたというか抜けたのが印象に残りすぎ。ベテランでここまでバッチリ抜けてビックリ!!
しかし、ZoliはFJの演技が細かくて好き。特にFJが最初に出て来た時の国の重役とゾフィーの意見に振り回されてるときの動作や顔の演技がイイ♪
見合いシーンも好きかも♪

Rudolfですが、12回目にして衝撃の事実が!!
一幕のカフェのシーンにその日のルドルフ役の人が絶対混ざってる!!いままでずっとこのシーンはMikolaばかり見ていたので気が付かなかった・・・。
これは前日に観劇して出待ちしてお茶しに行った方から、「カフェのシーンにDolhai君いませんでした?」と聞かれて、他のメンバーを見ていなかった私は「明日確認してみます!」と言いまして、チェックしたらいました!!
耳のしたからアゴに廻って反対の耳の下までのヒゲとその色にあった鬘をかぶっているので良く見ないときが付かないんですがいたー!!
そういえば、ウィーンでも日本でもカフェにはルドルフ役の人混ざってたよ。
でも、Dolhaiが混ざっても気が付かないなんて(>_<)あのオーラを見事に隠してるし、もちろんしゃべらないので(このシーンは出てるアンサンブルのほぼ全てに台詞がある)気がつかなかったって言うかしゃべった瞬間にばれるよね。
そして良く見てたらDávidとDolhaiの演技が違う!(っていっても気が付いてから1度しかDolhaiバージョンを見れなかったのであまり比較できて無いんです)
Dávidのほうがウロウロ動いたり、しゃべれないはずなのにしゃべらないとって言う感じで他の人が話し出す瞬間に自分もしゃべりだそうとして他の人にしゃべられちゃった!みたいな演技をしてました。
もっと早く気が付けばよかったよ~(>_<)
あ、ルドの話じゃないし・・・。

ルドネタでは、死ぬ時マリーに服を脱がされてHalálとキスして死んで坂を転がっていくんですが(これだけ読むとよく分からない死に方っぽい・・・)、Dolhai最近気に入ってるのかM!でも使っていた胸で固定のマイクボックス&ベルトを使っていて、脱ぐ役のときにこれ使うと無駄に目立つんですけど!!と不満を言いたい。そのベルトがまた白いからとても目立つし、なに考えて使ってるんでしょうね!!

そういえば、ルキーニがマチソワでSzáraz Tamásだったんですが、マチネの後にPORTAにいたら入りだと思われるFöldes Tamásさんとがっちりハンガリー式挨拶したんですが、彼はいったいどこへ??

そして、出待ちネタ!!またもや横道にそれます!!
出待ちをしていたら見覚えのある背中が入ってきて(入ってきた瞬間の顔は見れなかったんだけど受付に向かう背中が!!)、受付の奥に入っていくんです。
Kataさんの旦那さんのKővári László(私の好きな元ここの劇場のダンサー!)で、おもわず受付から出て来た瞬間に「Szia László!!」って言ってハグかましてしまいました。
でも、しつこい日本人ファンのことは覚えていてくれたらしく(笑)「元気?」ってハンガリー語で聞いてくれました。で、私は「元気!」とドイツ語で返し、「あなたは元気?」とハンガリー語で返したら笑ってましたよ・・・。
そして、ソワレで(もちろん彼は奥様の勇姿を見に来た!)どこに座ってるかチェックしてたら何となく向こうからも視線が返ってきて慌てて見つめるのを止めました(だから、ストーカーチックなの止めた方がいいんだよ私)
幕間にjasmine様たちとおしゃべりしてたら彼が近くにいて、余り近く行くと彼に「またストーカーしにきたの?」って思われたくないので近寄りたくないって言ってるのに2人がどんどん少しずつおしゃべりしながら彼の方向に近寄っていくんですよ(>_<)イジメだー!!
Lászlóは知人と思われる人との会話終わって反対方向に行けばいいのにこっちに来るし・・・。結局挨拶をして終わりって思ったら向こうから話しかけてきた!!
今日のエリザどう?って言う質問に良かった!って返したら「うちの奥さんの演技すごいでしょ~!」とノロケられました。
で、前から聞きたかった彼本人の舞台復帰はいつ?と質問したら「もう舞台はいい。今は子育て(笑)。身体も壊してるしね」とショックなお答えが・・・。でも、その後に「2年後には分からないけどね」と意味深な答えが!!どっちやねーん!!
でも、再会できて嬉しかった♪
10月にKataさんのコンサートで会えて嬉しかったしもう一度会いたいなぁって思ってて先日このBlogに書いたから思いが伝わったのかしら♪
で、出待ちしてKataさん&László夫婦の写真を撮らせて頂いて、ついでにその後夫婦の間に挟まった写真まで撮らせてもらっちゃいました♪
うーん、なんて贅沢♪
[PR]
by naonao_vagyok | 2008-01-07 10:11 | ハンガリーミュージカル
<< Elisabeth 14・15... Elisabeth 11回目観劇 >>