Elisabeth 14・15回目観劇

私はこだわってなかったんですが、このためにわざわざ日本から来た人のことを考えると可哀想過ぎます!!
その理由は、今日もMáté出演せず!!結局6公演中1公演だけの出演でした。出ないんなら最初から予定に入らなければファンの人も高いお金と時間を使ってここまで来なかったのに!!

ま、そんな人はほっておいて
キャストです。
Elisabeth: Füredi Nikolett / Vágó Bernadett
A Halál: Szabó P.Szilveszter
Luigi Lucheni: Szrás Tamás / Földes Tamás
Ferencz József: Bereczki Zoltán / Bálint Ádám
Zsófia: Nádasi Veronika / Molnár Piroska
Rudolf: Szabó Dávid
Max: Marik Péter
Ludovika: Náray Erika / Felföldi Anikó

今回最終日にしてやっとNiko@エリザを見ることが出来ました!!
昨日迫力のKataさんを見てしまったんですが、NikoはNikoで好きです♪可愛いんですよね~!!
声もかわいいし透明感があって好きなんですが、「私だけに」の最後の「私に~♪」のところが声域として無理な音程らしくとても苦しそう。
でも、それ以外の曲や普段M!のWaldstätten bárónőの時とかすごくきれいな歌声で歌い上げてくれるんです!!

Halálは最終日ともあってか、体調がだいぶよくなってきたのか今日が一番良かったです。
ソワレはこれが最後と言うのもあってか「最後のダンス」の歌の最後のシャウトが今回中最高にはじけてました!!歌ってる最中の動きとかもノリノリだったし♪でも、やはりノドの調子はまだ本調子では無いらしく最後の叫ぶ所は低めで伸びも絶好調の時にはまだ戻れて無いなぁと感じる物でした。
やっぱり私はHalálはSzilveszterさんが一番好きです!

FJのZoliは今日は台詞忘れませんでした♪何で昨日抜けたんだろう?重臣との話し合いに夢中になりすぎてエリザの歌を全然聴いてなかったのかな?
Ádámは今日も昨日と同じ演技(エリザの部屋のドアの叩き方とか、エリザからの手紙を破ったりとか)でした。新しいこのバージョンの方が心情が伝わってくるので成長したね!!と思います。

Rudolfは劇場に着いたらマチネはDolhaiのはずが、マチソワ共にDávidになってた・・・。Dolhai@Rudolfもう一度見たかったのになぁ。昨日元気そうだったのに何で休演?ちょっとショック。
でも実はDolhaiに対してちょっとしたジンクスがあって、Dolhaiあてに私が手紙を書くと休演だったり、表から帰って楽屋口から帰らないとか会えないんです。今回で3回目なのでちょっと真実味が・・・。1月7日が彼の誕生日&名前の日なのでお祝いのカード書いただけなのにこれって呪いの手紙?
2幕前半でチビルドルフが出てくるんですが、ちゃんと大人になったときのルドルフと髪の毛の色を合わせた子役が出演するんです。
Dolhaiのときは黒髪の子で、Dávidのときは金髪の子。顔的に金髪のこの方が可愛くて好きなんですが(笑)
この日、表のキャスト表からDolhaiは抜けていたのに子役は元のまま。もしかして黒髪の子が成長したら金髪になる?って思ったらちゃんと金髪の子が出てきました(笑)
この役はDolhaiは上手いし当たり役だとは思うのですが、もうスターになりすぎてオーラが違う!出てきて歌いだした瞬間にこのミュージカルがエリザのものではなくルドルフのものになってしまうので、好きなんですが役としてはDavidのほうが合ってると思う。Dávidは上手いしいい感じで存在感あって、サクッと死んでいく薄命の王子という雰囲気もあるし(Dolhaiは相変わらず死ななさそうだし)いいと思うのです。
個人的にはOttóのRudolfが見たい・・・。

この日のソワレは本当はMáté出演予定だったからか、日曜の夜だったからか結構空いてました。ミュージカルでこんなに空きがあるの始めて見たかも!1階も結構キャンセルが出たのか抜け抜けだし、3階は左側のワンブロック2割くらいしか埋まってなかった!)Szilveszterさん出演予定だった日とMáté出演予定だった日の客のノリがだいぶ違ってビックリでした。やっぱり地元民にはインパクトがあるSzilveszterさんのほうが好かれているように思うんですが、ただMátéファンなのにMátéが休演でSzilveszterさんだったからノリが悪かったのかなぁ?でも、他のシーンでもノリ悪いんだよね(爆)

今日の一番のネタは、減ってしまったけど何故か最後は増えるA Hálal táncosai(トートダンサーズ)です!!
初日、入口の表にも舞台上にも6人のダンサーがいました。でも、もともと6人目はチョコッとしか出ない人で基本5人で踊っていました。しかし、初日のカテコで4人しかダンサーズがいない!!そしていつものように左右に分かれたら1・3人と変な数になり後ろを疾走して数合わせに走るKarányi Péter(Peti)がいました。
そして、出待ちに行くとさっさと化粧を落として帰るカテコに出なかったKocsis Tamásが・・・。
2日目Kocsisが抜けて新しくRomán Zoltánが参加。でも、顔が似ていて最終日まで人が変わったことに気が付かなかった・・・。でも、この日一度ダンスを間違えかけたのであれ?とかは思ったんですが、まさか人が変わってるなんて!!
3日目Sárkány Zsolt(Susu)が休演(>_<)年末に腰(もしかしたら背中)を痛めてるって言ってたのでエリザでは普通に踊ってるなぁとは思っていたんですが休演・・・。ショックです。
4日目入口の表を見たら6人だったのが4人になってる!!(昨日の時点で休演してるSárkány Zsoltはまだ貼ってあった)誰が減ったの?って思ったら女性3人男性3人だったのが2人づつになってるので女性が減ったみたい。(他のシーンでも女性が足りない所があった!)で、どうするんだろう?って思ったら、最初のシーンと最後エリザが死んだシーンだけ人が増えてた!しかも、死んだ時に出てくる増えたダンサーはそのまま化粧したままカテコに登場!その人は誰だ?・・・。ヒゲのアンサンブルのお方。ひげヅラにトートダンサーメイクに合いませんよ!!彼は何故だかとっても楽しそうにカテコのダンスを踊っていたのですが、ソワレで思いっきり間違えてその後に出てくるアンサンブル仲間に「やーい、間違えてやんの!」って感じで指差されてました(笑)

出待ち
久しぶりに淋しい出待ち。
仲良くなったミュージカルファンの方々は帰ってしまったので語り合えなくて寂しかったです。そして、年末から混み込みだったPORTAが今日はほとんど貸切状態!!
思わず頼まれごとに余分な行動を付け足したくなるほどに(笑)
今日の目当てはÁdám。先月ウィーンに行ったときに何となく買ってÁdámにあげようと思っていたFJのポストカード!!これを部屋の中で発掘して(片付けすぎてどこにやったか思い出すのに結構かかったんです・・・。そんなに荷物も無いし片付けるところも無い部屋なのに)、今回のFJとっても良かったよ!と書いて渡しました♪

月・火と2日間の観劇無し生活を送った後、Menyasszonytáncを3回見て、A víg özvegyを2回見て、Mária főhadnagy3回見て私の観劇生活終わります。(もしかして明日Vampirokの当日券が買えたら見るかも?!)
Menyasszonytáncも一応ミュージカルだけど、ミューっぽくないのでこのエリザベートで私のブダペストオペレッタ劇場のミュージカル観劇は終わりです!!
さみしーーーーーい!!!!!!!
[PR]
by naonao_vagyok | 2008-01-08 06:45 | ハンガリーミュージカル
<< Abigél キャスト情報 Elisabeth 12・13... >>