Menyasszonytánc 4回目観劇

Menyasszonytánc4回目観劇にして100回記念に当たりました!!
R&Jの300回に続き記念モノが見れてとってもラッキーでした♪

キャスト
Rózsi: Siménfalvy Ágota
András: Mészáros Árpád Zsolt
Jonel: Szabó P.Szilveszter
Dávid: Kerényi Miklós Máté
Gáspár: Peller Károly
Sanyika: Oláh Tibor

昨日のセカンドメンバーを見て、今日のフルファーストを見たらこのミュージカルはファーストの方がいいなぁって思っちゃいました。セカンドとファーストと結構力量の差があるのが痛かったです。R&Jとかそこまで気になるほど差は無いと思うんだけどなぁ。R&Jは回数やってるからみんな力が付いてきてるだけかも?!

Agotaさんがいいのはもちろん、今回はArpiがとっても良かったです!!
実は私はあまりArpiに興味がなくて声量はあるし歌は上手いし演技も出来るとは思っているのですが、役者として全然興味が無いんです。(なんでだろう?)
私の好きなM!の主人公とかもしてるのに。主人公クラスはDolhaiと重なっててDolhaiのほうがいいと思ってるからかなぁ?(M!のWolfgangとRudolfのRudolfとか)
R&JのBenvolioは実はArpiでもMátéでもどっちでもいいと思ってるし(どっちもイイと思ってるので)、Oltári srácokもSebastianよりArpiの方が舞台では面白いけど見た目的にSebastianのほうが好きだからどっちでも見れればいいとおもってるし・・・。
でも、この舞台は違う!!Arpiがイイ!!
昨日のビミョーなギョーザ君は比較にならないし、もし他の人がサードとかで入ってもArpiがいいって言える舞台です。
歌とか演技とかがArpiに合わせて最初から作ってると思うので合ってるんだと思います。
ソロの曲も昨日のギョーザ君なんて印象に全然残らなかったけど、Arpiが歌うと切なくてとてもいい曲だと思えました。

そして、やっぱりこの方Szilveszterさん!!!
JonelはSzilveszterさんが一番です♪
年末年始苦しめられた体調不良も治ったみたいでバッチリはじけちゃってるJonelを演じてくれました!!
このはじけっぷりを見るとHalálの最後のダンスをこの元気さで踊って欲しかったなぁとか贅沢なこと考えたり。
そして、今日はご機嫌なのか色々面白かったです。
手を振るシーンで、多分機嫌悪いと手を振ったりもしなさそうなんですが、今日は指先だけを曲げてバイバイしててすごく可愛かった~!!
Jonelネタとしては、
Terus役のDénes Juditが机の上のお酒のビンをパチってラッパ飲みしようとした所を頭を軽くパン!ってして奪い取ったり。
AndrásをかくまったRózsiに無理やりキスを迫るところでJuditが邪魔をして彼女に擦るくらいなら私に!って言ってキスをするんですが、Szilveszterさんは口にして、Sebastianはおでこにする(←可愛すぎる)
怪しいJonelダンス(コレ)の時に机をひっくり返すんですが、今日はその机に片付け忘れたガラスのビンがあったんです。どうするのかって思ってたら、それをさり気に持ってからひっくり返してビンは隣の机に乗せてました。
地下室に隠れているAndrásを出て来さすために、1階の床に銃を撃ちまくるJonelなんですが、Sebastianは銃を2丁持っていてその2つ分を物凄い勢いで全部打ちまくるんですが、Szilveszterさんは1丁だけで、打つ時も1個目2個目3個目と少しずつずらして打っていって3個目でヒットして地下室でAndrásが叫んで肩を打たれた状態で地下から這い出てくるんです。っていうか、Sebastianなんで2丁も銃持ってるの?
最後にRózsiに迫って振られるんですが、その後自殺しようとした時に机の下から(爆笑)Juditが出てきて、「愛してるの!」とスカートを脱ぐとそれまで持っていた銃でJuditの太ももを撃って血が出てそんな彼女を更に蹴ったりしてそのシーン終わるんですが(どんな終わり方なんだか)その後の二人がどうなるか分からなかったんですが、今日やっと分かりました!!
この舞台の一番最初に舞台の最後とリンクする結婚式のシーンがあるのですが、そこでSzilveszterさんが歩いてる後ろのほうに松葉杖をつくJuditがいて、脇に入る前にちゃんとSzilveszterさん立ち止まって待っているのでくっついたみたいです。ここはここでまとまったのでめでたしめでたし?
あ、Jonelネタ長すぎ?

DávidもMikolaとKerényi Miklós Mátéを見てMáté実は結構上手いのねと再認識してしまいました。(どうでもいいんですが、また彼髪の毛切ったかも!肩まで届かない長さだった)
やっぱり脇役でもスポットライトの当たる役を色々やってるだけあって、Mátéは見せ方が上手いです!!インパクトも与えてくれるし。

毎日同じネタですが、いぢられ役というか笑われ役のOláh Tiborは、今日も思いっきり昨日より更に下までパンツ脱がされてた・・・。昨日と見てる位置が違うのでそれ以上はなんともいえませんが・・・。

今日は100回記念!何があるかなと期待したら
カテコで曲付きの時に、セカンドメンバーも一緒に出て来た!!
一番可愛かったのは小さいサイズセットのMátéとSzendy Szilvi、MikolaとBódi Barbaraの歌つきダンスでした♪
Jonelも二人出てきて眼福♪この二人実は仲がいいのかその後でちょっとじゃれてて可愛かった!!SzilveszterさんがSebastianが何言ったか聞こえなかったみたいで耳に手をあてて「何?何?」してるのがツボでした♪

あ、そういえばもちろんいらないKero総裁の長~~~いお話ももちろんありましたよ!でも、今回は踊らなかったし一緒に歌わなかったので良しとしましょう。

出待ちをしていたらやっぱり中で何かしているのかみんな中々出てきません。30分以上待って最初に出て来た大物はSzilveszterさんで、今日舞台上で見る限り機嫌よかったし、今日は暖かいからか帽子も被らずいつものグラサンを頭に乗っけているお姿。ツレがパンフにサインが欲しくて呼び止めたので私もついでにサインと写真を貰いましたが、Szilveszterさんの荷物が!!お子様のものだと思われるピンクのリュックを持っててビックリ(でも、子連れではなかった)。似合うんだか似合わないんだか。でも、なんだかほのぼの♪
そしてやっぱりご機嫌だったらしく、写真を撮る時に撮る側のツレが「egy kettö három(ハンガリー語の1・2・3)」と言ったらそれが面白かったのか、鼻歌気味に「egy kettö három~♪」と!!呟いておられました。ちょっとご機嫌よすぎな所がビックリ。でも、楽しかった!!
あ、しまった!!こういうときに「シシィ♪」って呼んでみるべきだったんですよね?!
[PR]
by naonao_vagyok | 2008-01-11 09:45 | ハンガリーミュージカル
<< Menyasszonytánc... 国立博物館行って来ました。 >>