Abigélなお話

今シーズンが終わり劇場は夏休みに入ってしまいました。

毎年夏は、(行かないけど)何もやってなくてちょっと淋しいです。

Abigélの話ですが、少し前にこんな記事を載せたのですが、今日劇場のHP見たらまた変わってました。

一応現地で見た方によると、7月に上演された時はその時HPに載ってた通りOperettszínházで行われたみたいなのですが、9月以降はまたもとのThália Színházで上演されるみたいです。

あんな豪華キャストなのに、やっぱりOperettszínházじゃなくてThália Színházなんですね。
7月のみOperettszínházだったなんて見られた方が羨ましいです。でも、Thália Színházのほうが小さいから舞台&役者は近くていいんですけどね♪

しかし、上にも書きました今回見られた方からの情報&HPのキャスト表を見たらヤツの名前が無い!!
そう、MagócsOttóの名前が無い!!
6月末のR&Jでは出演してたらしいので、たぶんまた勝手に夏休みの予定を入れてたら上演予定が延びて(最初は7月1日のエリザで今シーズン終わりっぽかったのが数日Abigélが入って延びた)予定が変えれないからお休みしたのかなぁ?

去年はそれでせっっっっかくエリザのルドルフに名前が上がっていたのを辞退したらしいし(怒)
あんまり舞台出てないんだから、ちゃんと働けよ!という思いです。

また、夏だけのアルバイトでもするのかなぁ?そんなことするんだったら最後まで出て欲しい。これ以上仕事少なくなったらどうする気なんでしょうね。



そういえば、話は変わるのですがAbigélのCDは持っていないのですが音源だけを頂いて手元にあり、最近やっとマジメに聞き出しました。(貰って1月以上たってるのに:爆)

このCDのなかにOttóと同じ役(Kőnig tanár úr)をやってるCsonka Andrásが歌ってる曲があるので、舞台でもOttóにソロがあるじゃん!ということに昨日気がつきました(遅すぎ?)

CDの情報をマジメに集めていないことと、どっちがファーストでセカンドなのか忘れていたりする都合で、誰が出てるのかをすっかり覚えていないのですが、CDを聞いてるとイントロクイズと言うか誰が出てるか覚えが無いのに誰の声かアンサンブル以外は多分全員聞き分けが出来るんですよね~(笑)
これって、自慢できる芸なんでしょうか?

さっぱり内容の分からない話ですが(前にOttóの友人から簡単に説明されたがよく分からなかったし、もう忘れた:爆)、こんどハンガリー語ですがDVDが手に入ることになったのでこれで予習したいと思います!!
だって、小説は難しすぎて全然読めないんですもん・・・。
[PR]
by naonao_vagyok | 2008-07-10 13:14 | ハンガリーミュージカル
<< スカーレットピンパーネル 感想 Vámpírok bálja ... >>