Szentivánéji álom 1・2回目観劇

やっと念願のSzentivánéji álomを見てきました。
jasmineさんやJUMIさんからお勧めされてて、キャストもいいキャストが総出演で楽しかったです。

まずはキャストから
Oberon: Szabó P. Szilveszter / Homonnay Zsolt
Titánia : Janza Kata / Füredi Nikolett
Lysander : Dolhai Attila / Szerényi László
Hermia : Vágó Bernadett / Vágó Zsuzsi
Demetrius :  Bálint Ádám
Heléna : Peller Anna
Puck : Kerényi Miklós Máté
Theseus : Németh Attila
ほぼファーストとセカンドが見れて満足です。

感想はまず、Oberonから。
SzilveszterさんもHomonnayさんもどちらも好きです。
Oberonが中々カッコイイはずなのにヘタレなのがツボですわ♪
OberonがLysznderにマントを取られて、「誰だお前?」という質問に、「おべろん ばじょっく」って言うのがかわいい♪
でも、この台詞でもSzilveszterさんは大分弱気な雰囲気で、Homonnayさんは「僕がオベロンで何が悪い!」みたいなちょっといきがった感じで言ってるのが面白いです。ただ、2人ともDolhaiLysanderに押され気味なのですよ(笑)


↑HomonnayさんバージョンのOberonのテーマソング(笑)


↑Szilveszterさんバージョンです。
Homonnayさんを舞台で見てると、この曲で円盤?に登るのですが、いつか落ちてきそうで心配で心配で(笑)ドキドキしながら見てます。だって、B&Bでらったしたの見たことあるしさ(笑)
Szilveszterさんは身軽だからひょいひょい登ってくのに、最近さらにお腹周りというかお尻周りが立派になったHomonnayさんには大変そうなんですよ。

OberonとLysanderの戦い(っていうかマントの取り合い:笑)が結構好きなのですが、Youtubeで見つけれない(>_<)

Titániaは、Kata姐さんでもNikiでもどちらでもお勧めですね。

ただ、Titániaのこの怒りの曲は生で見ないと迫力が伝わってきません(笑)怖いです。
でも、結局はOberonとラブラブなんですよね。Oberonも悪さを反省して、自分にも同じことをすればいいと言うし、TitániaはTitániaで目が覚めたときにOberonの視界に自分がいるようにするし、相思相愛なんですよね。
大騒がせなカップルですよね(笑)

さあ、メインのLysander(笑)は、やっぱりDolhaiじゃないとね!!Laciで見たときは踊りがつまらなくて寝そうでしたよ。やっぱり、あの変なハンガリーダンス?はDolhaiが踊るからこそ笑えるんですよね。

↑あきらかに盗み撮りなので、見難いのですが一番舞台が写ってて分かりやすいかと。


↑これはテレビ用に編集されたもので音はきれいですが、メインのDolhaiのダンス(LysanderのダンスではなくDolhaiダンスでしょう、アレ!!)があまり写ってないんですよね。

話しはずれるんですが、Lysanderって「ライサンダー」って発音したいのですが、ハンガリーで聞くと「リゾンデル」って聞こえるんですよね~。合ってるのかな??

Hermiaは、可愛そうな存在ですよね。
ラブラブカップルだったはずのLysanderに捨てられて。まぁ、Puckが悪いんですけど。
Hermiaのソロもかわいそうなんですが、今回は2人とも声があまり出てなかったのか、ソロの前の2つのカップルの騒ぎの歌(っていうか、Helenaとの曲)での声が聞き取りにくかったです。


Demetriusは、Bálint Ádámのみでした。まあ色々理由があってDavidがずっと倉庫小屋のほうに出演してたためみたいなんですが、AdiはAdiでとても良かったのでOKです。
AdiのDemitriusで一番好きなシーンは、やっぱり帽子を踏もうとして、「あ、これはお気に入りの帽子だった!!」って思って、指を1本あごのところにおいて、ん~ってするところです。超カワイイ♪♪

↑上の好きなシーンとは別物のイベントのときの映像なんですが、アディ1人でマフラーしてそんなに寒いのか??(今回アディは寒がりだと思ったので、ちょっと気になってUPしてみました:笑)
そういえば、アディって人としてどうよっていう役が多いのは気のせい??今回のDemitoriusもHeleneには凄くつれないし、AbigelのFeriも実は酷い人だしさ・・・。

HeleneはPelle Annaさん最高!!私この人大好き♪
色っぽくてかわいいし、迫力もあったりする、典型的なこの劇場の姐さん的存在!!でも、今回はアディDemitoriusに振り回されまくってちょっとかわいそう。でも、やるときは肘鉄したりと強気♪

PuckもKis Kero(小さいKero:笑)だけでした。でも、彼はこういう役は上手いので見ごたえがありますね。
まぁ、諸悪の根源はこいつ?(笑)そういえば、R&JのBenvolioも諸悪の根源はこいつですね(笑)
私のお勧めはPuckの横の2人のダンサーです。

↑これまたテレビ用に編集してあるやつなので、見難いのですが音源がキレイなので。

あとは、人間の世界のHermiaとDemitoriusの親とかが、メッチャ濃いのは何故??あんな人身近にいたら怖いし、Demitoriusが父親年代になったらああなるかと思うと・・・。

あれ?感想のはずがなんだか映像載せまくりの紹介文みたいになってしまったよ。
まあ、寝不足で頭回ってないということで・・・(爆)
っていうか、1回半分くらい書いたのが消えてしまったのでやる気が無いというか・・・。
[PR]
by naonao_vagyok | 2009-11-06 20:52 | ハンガリーミュージカル
<< Bálint Ádám について Magócs Ottóについて >>