<   2008年 12月 ( 19 )   > この月の画像一覧

ブダペスト最後の日

12月22日(月)
7時に起床。昨日ArenaPlazaで購入したチョコクロワッサンとゲステニェーピュレ(モンブランのクリームのみ)で朝食。

しかし、昨日のことをちょっと引きずっていて気分はブルー。

でも、今日の予定は温泉に行くこと!!私の希望でゲッレールト温泉に行くんです!でも、用意をする手は止まりがち(爆)

トローリーバスと地下鉄を乗り継いでバッチャーニテールまで行くと、乗ろうと思ってたトラムが線路ごとない!!ブダ側の川沿いを走るトラムが工事でなかったんです(>_<)
ガイドブックを見て、もう一度地下鉄に乗りモスクワテールまで行き、そこからトラムで行くことにする。しかし、そのトラムの乗り場が分からず少しウロウロしてしまう。
でも、ちゃんと発見して無事に乗れる。ドナウ川が見えてきてもうすぐ着くねーって言ってるときに重大なことに気がつく。
水着忘れた!!(爆)ものすごいお馬鹿です。りうさんには一度宿に戻る?って言われたんですがここまで来るのに1時間くらいかかってるのでそんな時間はもったいないし・・・って言いつつ彼女がガイドブックを見てたら「レンタル水着があるって書いてあるよ!」と教えてくれる。
運のいい事に私は「指差し会話帳 ハンガリー語」を持っていてそこに「~をレンタルできますか?」の文と「水着」が載っていたんです!で、大活躍。
無事に水着を借りて入ることが出来ました。

ここでは不思議現象に会いました。行きにホールにあったクリスマスツリーが入浴後無くなってたんです!!5mくらいはある大きなものだったんですが、どこにいったんでしょう?ちゃんと幻じゃない証拠に私とりうさんのカメラにはバッチリ写ってるんですよねツリー。
そういえば、ここはホテルがめいんなのですが、温泉(というかプール)に行くまでの道が遠くてこんなところ行っていいの?という感じでした。で、その先のロッカーにおばちゃんがいてレンタルしたいって言ったら他の所へ連れて行かれて、他のおばちゃんにレンタル水着を出すように頼んでくれたんですが、最初に出て来たのが超Lサイズの豹柄水着これを着なきゃいけないなら帰ろうかと思いましたよ(笑)でも、大きいよって言ったら普通サイズの競泳水着みたいにちょっと露出の多い水着を貸してくれました(笑)5000ft支払って、ちゃんと返せば4000ft返って来るそうなので、レンタル料は1000ftでした。
プールは寒かった(爆)温泉プールなのコレ?というくらい冷たいんです!入るのにすごい度胸が入りました。そして漬かってもホッとできない・・・。一応頑張って一周したんですが、一番奥は水深2m・・・おぼれそうです。一周で諦めて、プール脇の温泉?へ。
ここは流石に暖かったので、ここに30分くらいつかりおしゃべり。
最後にもう一度プールにチャレンジしようかと思ったんですが、温泉で温まった体には最初より辛くて辞めちゃいました(笑)で、また冷えたので温泉で温まり帰ることに。

ロッカーのおばちゃんはなかなか親切だったので200ftのチップを渡したらさらに親切になりました(笑)写真を撮ってもらったんですが、撮れた写真をチェックして「あら。これはダメだわ、もう一枚!」ってやってくれました(笑)いい人でよかったです。

満足したし、温まったし、おしゃべりした所為か昨日から引きずっていたブルーがだいぶ良くなりました。

このあと、徒歩で自由橋を渡ったんですが、去年は工事中で人しか渡れなかったんですが、今年はトラムが通れる用になってました。
で、中央市場へ。

中央市場に行くと絶対食べたいのがラーンゴシュ!!揚げた円盤に色々乗ってるんですが、私はサワークリームとチーズが乗ってるのが好き♪
揚げたては生地がもちもちして美味しいし♪ただ難点は冷めるとくどくて不味いってことでしょうか・・・。今回も全部は食べれず途中でさようならしてしまいました。

そして、1階を少し見て、地下のスーパーマッチでお買い物。ここのスーパーは前に住んでいたアパートに近くてよく利用していて懐かしかったです。

外へ出て、これまた懐かしい2番トラムに乗り、ヴィガドーテールへ。
ここは一番華やかなクリスマスマーケットがあるんですが、チラッと横目で見てそのまま通り過ぎてデアークフランセテールへ行く。

デアークフランセテールでは、カード屋さんがあって、ここのカード屋さんは地元市民が詰め掛けるすごく安いお店なんです!!
普通のブダペストのポストカードもすごく安くで売っていますし、お勧めですよー。

で、私だけ近くの本屋さんへ。ここの本屋の地下が結構語学書とかが充実しているんです。
ここで、Hallo, itt Magyarorszagの1を発見!!前にうちのハンガリー語の先生が持っててソレを見てから欲しかったんですが、今回3件目でやっと発見です!(今までの2件は2は売ってても1が売ってなかったの)
jasmineさまの情報で解答と単語集は別の冊子に入ってると聞いたので聞いてみたんですが、よく分からないと言われ、まぁ問題集だけでもわからなければ先生に聞けばいいやと思い1巻と2巻を購入。
買うときにレジの横に単語帳(ハンガリー語・ドイツ語)があってすごく欲しかったんですが、重いし高いので諦めました(>_<)

そして、一度帰宅。
お風呂に入りに行くからとスッピンで出かけていたので(爆)化粧をして、そのへんにあるもので軽い昼食。さっきラーンゴシュを食べたのであまり入らず。

実は昨日とあるおっさんにお茶に誘われたのでその予定まで時間を潰す。
まぁ、バレバレだとは思うんですけどね。

でも、本人が言ってた時間には連絡が来ず・・・とりあえず外に出ることにしてリスト広場のクリスマスマーケットをウロウロする。
ここのクルクル焼が一番安いので買おうかなって思ったら、知ってる人影が同じお店に買いに行く。Zsuzsiでした。面白いので真後ろに並び「Szia!Zsuzsi♪」って言ったらビックリ顔で「ボルドークカラーチョニー』って言って笑ってくれました。
で、お腹が空いてないのにクルクル焼きを買って食べる私。ヤツから連絡が来ないことで諦め気分になって帰ろうかなって思い出した時に連絡が来ました!喜んで約束の場所PORTA(こんなところで待ち合わせするなよって感じ)に行ったんですが本人まだ来ず・・・。5分か10分待ってたら来ました。
で、どこへ連れて行かれるのかと思ったら(今までは劇場表にあったオペレッタカフェとかだったんですがこのカフェ潰れたし:爆)なんと、憧れの楽屋の中のカフェ!入れてもらえて物凄く嬉しかった♪
彼いわく「自分は貧乏なんだー(笑)、ここのカフェは安いから助かる。」ってオイ・・・。貧乏ならこっちがおごろうか?っていう気分でした(笑)
色々おしゃべりして、サプライズでモノではないプレゼントを貰ったりと楽しかったです。
できれば一対一で話したかった(爆)
そして、私は明日帰るのでサヨナラをして帰宅。するが、部屋の鍵を持ってお買い物に言った人がいて(←私が行かした様なものなんですが:笑)部屋に入れなかったので、アンダンテさんで漫画を読んで時間を潰す。
少ししたら帰ってきたので、荷物の準備(観劇用)をして、最後の晩餐に前から行ってみたかったけど前回は貧乏だったので入口で諦めてしまったカフェニューヨークへ。

途中で雨降ってきたけどへこたれずに歩いていく。
カフェニューヨークって言うだけあって英語で話されて大変でした。
噂のハンバーガーを頼んでみたらやっぱり大きかった!でも、美味しかった。しかし、やはり大きすぎて食べきれず、りうさんに手伝ってもらって間食できました。
ここの内装すごいです!!超豪華~!!
写真を沢山撮ってきました♪

満腹でちょっと辛いまま一度部屋に帰り少しほっとして、劇場へ。
最後の観劇ですが、チョンカなのよねー。そして、最後までHomonnayさん出なかった(>_<)
もぎりのおじちゃんとじゃれあって(笑)、席へ。前のほうなんだけど、眠たい・・・。横の人につつかれつつも頑張るが、見たい人も特にいない舞台はちょっと辛かった。

出待ちも一応しに行ったんだけど、Adiにお別れの挨拶をして(あいかわらず人の話を聞いてないのか「えっ?もう帰るの?」という反応だった・・・)、通りすがりのSebastianに無記名だけど可愛いクリスマスカードをあげてハグ&キスをもらい、残り物の(爆)和風の髪留めをBernadettにZsuzsiの分とと2つ渡して、初めて彼女からハグ&キスを貰ったんですが、顔小さいのは見てわかることなんですが、頬骨が当たったー!!顔小さい上にお肉もついてないらしい・・・。

そして、部屋に戻り明日の帰国に備え荷物を詰める!!詰める!!・・・飽きてきたのでネットしたりしゃわー浴びに行ったり・・・でめどがついたので2時過ぎに寝る。

良かったら押してね!
にほんブログ村 海外生活ブログ 東欧・中欧情報へ
[PR]
by naonao_vagyok | 2008-12-31 23:36 | ハンガリー生活

今年の観劇記録

Abigélの2幕はまったく進んでません!!だって、今日は朝から黒豆炊いて、犬の洗濯をして午後から仕事に出かけたんですもん!

で、友人がやっていたし去年もこんなん書いた気がするので(コレ)今年も書き出すことにしてみました。

2008年
1月
ELISABETH 6回(ブダペスト)
Menyasszonytánc 3回(ブダペスト)
A víg özvegy(The Merry Widow) 2回(ブダペスト)
Mária főhadnagy 3回(ブダペスト)
5月
REBECCA 1回(東京)
Rudolf 2回(東京)
ウィーンミュージカルコンサート 1回(大阪)
7月
スカーレットピンパーネル 1回(宝塚)
10月
パラダイスプリンス 1回(宝塚)
11月
ジーザスクライストスーパースター ジャポネスクバージョン 1回(豊田)
12月
MOZART! 1回(ブダペスト)
REBECCA 1回(ウィーン)
プロデューサーズ 1回(ウィーン)
Abigél 4回(ブダペスト)

で、合計28回です。

以外に少ないですね。
まぁ、去年が3ヶ月滞在+合計1月ほど短期滞在して見まくってるので煩悩の数108回なんて見てるんですけどね(笑)
28回中19回もブダペストで半数以上を占めてるのもおかしいし(笑)
だって、一年365日のうち、今年ブダペストにいたのは17日と4日で合計21日しかいなぁったのにさー。
でも、来年は更にブダペスト分が減るのかなぁ。実は増やしたいんだけどね(笑)

良かったら押してね!
にほんブログ村 演劇ブログ ミュージカルへ
[PR]
by naonao_vagyok | 2008-12-30 23:17 | 日記

Abigél 一幕内容&感想

今日中に書き終わらないかと思ったけど、頑張りました!もうヘロヘロ・・・。

そして、超ーーーーーーー長いです。

私は自分でも見直したくないです。なので誤字脱字多いかも?!

注意!私の想像で書いてますので間違ってる可能性大です!

では、
Abigélの感想
キャスト(合計4回見ていて、カッコの中が出た回数目です)
Vitay Georgina(主人公):Vágó Zsuzsi(1・2) Vágó Bernadett(3・4)
Vitay Tábornok(主人公の父):Pálfalvy Attila(1・3) Földes Tamás(2・4)
Horn Mici(主人公を助けるおばさん):Siménfalvy Ágota(1・2・3) Udvaros Dorottya(4)
Torma Gedeon – igazgató(校長先生):Balikó Tamás(1・2・3・4)
Kőnig tanár úr(先生):Magócs Ottó(1・3) Csonka András(2・4)
Zsuzsanna testvér(シスター):Nádasi Veronika(1・2) Füredi Nikolett(3・4)
Kalmár tanár úr – osztályfőnök(担任の先生?):Imre Sebastian(1・2・3・4)
Kis Mari(クラスメイト):Szendy Szilvi(1・2) Ábrahám Gabriella(3・4)
Torma Piroska(クラスメイト):Peller Anna(1・2) Molnár Andrea(3・4)
Bánki Anna(クラスメイト):Kékkovács Mara(1・4) Prescsák Zita(2・3)
Kuncz Feri(婚約者):Bálint Ádám(1・3・4) Mészáros Árpád Zsolt(2)



良かったらポチッと押してね!
にほんブログ村 演劇ブログ ミュージカルへ

すごく長いし、話を知りたいと思わなければ入らないほうがいいかも
[PR]
by naonao_vagyok | 2008-12-29 22:39 | ハンガリーミュージカル

疲れた・・・

22日の日記よりAbigélの感想って言うか内容を書き出そうと頑張ってるんですが、長すぎて疲れる(>_<)

そんなにがんばらなくてもいいのかなぁって思うんですが、あまり日本人は見てないし、見るんだったらちょっと知ってて欲しいので頑張ってますが、ただハンガリー語も字幕の英語も殆ど分からない状態での想像意訳ですので間違ってたらゴメンねです。

一幕さえ終わりません・・・。

今日中に一幕だけは書き上げたかった!!
[PR]
by naonao_vagyok | 2008-12-29 21:50 | 日記

ブダでのお買い物とマチソワ話(感想は入ってないです)

12月21日(日)
今日こそはゆっくり寝ようと決めて9時まで寝るがまだまだ寝足りない。が、これ以上寝てても仕方が無いので出かける。
今日は昨日買ったパンとヨーグルトで朝食。今回はオクトゴンにある24時間スーパーをよく使うなぁ。
今日の観劇予定はAbigélをマチソワなので、ゆっくりはしてられないが、買出しにいきたいので、ArenaPlaza(ケレティの傍)に行く。
トローリーバスに乗って行こうと思ったら日曜日だからか全然来ない。15分くらい待ってやっときたバスに乗りケレティへ。
ケレティではストが行われてて人気が無く閑散としていて、ちょっと面白かった。

そこからまた一駅だけトローリーバスに乗りArenaPlazaへ。
去年、ここには何回も来た思い出深いショッピングモール。

最初にH&Mに行く。日本に最近出来たが、日本では行く気なし。地元に出来ても並んでまでは絶対入りたくないし、日本で売ってるもののほうが絶対縫製とかいいので多分買わないと思うが、海外に行くと欲しくなる。
H&Mのブラウスが欲しかったけど、欲しいガラの物にはサイズが無く断念。4着ほど試着して、もともと持っている型と同じ形の長袖(持ってるのは7分袖)を買いました。
で、前よりコスメが充実していたのでお土産用にちょっと買ってみた。

2階の本屋を覗くが欲しいハンガリー語の本はないし、Ottoに押し付けようかと思ってる日本のガイドブックとかも無かった。

1階に戻り、ロスマンでハンドクリームを購入。でも、好きな種類が無かったの(>_<)
フードコートでお昼ご飯をする前に、1階にも別の本屋があったのでそこを覗く。
今回、普段使ってる辞書は日本においてきたんですが、Ottoに辞書にコメントが欲しくて他の辞書を買ってしまう・・・(日本にある辞書にはDolhaiとAdamからのメッセが書いてある)
フードコートでは、ジャンクにマクドナルドでセットメニュー(笑)

そして、今日のメインイベント!!
Tescoでお買い物♪
お土産とかはもう全部ここで買うつもり!!!!
そして、来慣れてるのでどこに何があるかわかってるし買い物しやすい(笑)

仕事場用とハンガリー語教室用とドイツ語教室用と母用と同じチョコを買う。1つ200gで5個買って1kg・・・。重い!!
今回絶対買おうと思ってた冷凍のマロンピューレを2個(これで500g)
その他もろもろ。ついでにお水なんかも買っちゃって超重たい荷物を抱えて宿に帰りました。あー疲れた!!
そういえば、帰りがけにケーキを買ってみた。だって、カフェに行く時間が無いんだもん。

用意をして劇場へ。
今日ももぎりのおじちゃんは楽しい。
クロークのおばちゃんにマチソワ見るから夜までコートを預かってて欲しいと頼むと、一人150FTなのに3人で500FTだった。うーん、割り切れない。(っていうか、おばちゃん、うちらこの極寒の冬にコート無しで1時間どうするのか疑問に思わないんだろうか?)
マチネは3階のライトの横の見やすい席。
最近、前に人がいない状態が続いてるので幸せ。でも、これに慣れてはいけないのよね。

Abigélはライトのおじちゃんが来ない(>_<)

マチネはOttoじゃないし、気楽に見る。

本当はマチネが終わった後、出待ちって言うかOttoの入り待ちで来たらなぁって思ってたんですが、マチネが始まるの自体15分ほど遅れたし、Abigél事態が3時間くらいある長めの作品なので無理でした。

出待ちって言うか、時間つぶしを目的としてPORTAにいる外人ってうちらくらいだと思う。
今日はマチネだけのArpiが出て来たときに小脇に巨大な白い物体を持ってるからわざわざ覗いてみたら、劇場のショップに置いてあった去年出た自分(Arpi)のCDの等身大ポスター(っていうか立て看板)を持ってた。
あれ、どうするんだろう?大爆笑させていただきました。

パンフを忘れてサインを集めれないことが判明。・・・最近ボケ過ぎ。

ソワレへ。
もぎりのおじちゃんは劇中でみんながよく言う台詞をうちらに言わせようとするが、発音難しい!!「よーなぽーときばーのく(ここまでは知ってるから言えるが) いしゅて あるだ しゃぼーる(???怪しいです)」というモノなんですが、神のご加護をみたいな意味っぽいんですが、よく分からないーーーーーー今度、ハンガリー語教室に言ったらハンガリー人にスペルを聞いてこようと思います。

今回は4列目の隅っこ。
今回のチケットはギリギリに販売された所為か隅っこが空きまくってる!!もったいない。
でも、私もたまに睡魔に襲われる・・・。ごめんなさい。

幕間に、ショップでCDとDVDの大量買い。Dolhaiの新しいCDとAbigélのCDとADAGIOの持ってないセカンドCDとADAGIOのDVDとCsókos asszonyのDVD。あまりにも沢山買おうとするので、ショップのお姉さんが「現金しか受け付けないけどいいの??」と焦って聞いてくれました。
大丈夫!今日は買う気満々で来たから♪合わせて19900ft(日本円で1万円)でこんだけ買えるってやっぱりステキ♪

2幕が始まる前に、1幕のときにチェックしていた最前列の空きスペースに移動してみる。
・・・誰からも文句言われなかったのでそのまま2幕を見ちゃう♪ラッキー♪
やっぱり最前だと睡魔はやってこないわ~♪

感想と、Otto出待ちはまた他にまとめます。

今日の夜食はアンダンテさんのそばにあるハンガリー料理屋さんでグヤーシュスープとハンガリービール♪
ちょっと色々あってへこんでましたが、美味しい料理で少しは気分UP??
でも、去年まではグヤーシュスープは鉄鍋みたいなので出て来たのに、今年は普通の深めのスープ皿だった。


良かったら押してね!
にほんブログ村 海外生活ブログ 東欧・中欧情報へ
[PR]
by naonao_vagyok | 2008-12-28 21:26 | ハンガリー生活

ウィーン最終日とブダペストへの帰り道

8:30起床。4時間くらいしか寝てません。そして毎日墜落睡眠です。数分で意識消失。
しかし、同行者のりうさんはスゴイ!数秒で寝てる(笑) ある意味特技に出来るかも?!

9:15部屋を出て、ステファンプラッツへ。味比べようのマカロンを買うべく先日のムカつきを押さえてゲルストナーへ。
しかし、今日の店員さんはイイ感じ。よかった♪でも、ゲルストナーのマカロンはいつでもビニール袋に入れられるので割れそうで怖い。
そして、メインでもあるし、姉のお土産リストにも上がってるオーバーラーのマカロンを買いに行く。何を買おうか悩み、やっぱりここのはとても安いので(1個0.7ユーロ。ゲルストナーは0.95くらいだった)全9種類を2個ずつという大人買いをしました♪
私が買った後、りうさんが他の店員に注文をしていたら店員さんが日本語をしゃべってくれた!スゴイ!思わずドイツ語ですごいねー、日本語難しくない?とかしゃべってしまったよ。やっぱり日本人観光客が多いからかなぁ?

本日の朝食はTirolerhofです。昨日とは違った庶民的お値段と内容のFrühstückを食べてきました。パンとバターだけって感じでしたが、パンが美味しかった♪でも、結局ここのお店のApfelstrudel食べられずじまい。
そういえば、ここのお店のお兄ちゃん(店員)に紅茶とコーヒーで頼んだのに、コーヒー二つ持ってきやがって違う!って言ったら「チッ」って舌打ちされた・・・。しかし、その後自分の間違えに気がついたのかとっても笑顔で紅茶とコーヒーを持って来てくれました。

このあと、せっかく土曜日にウィーンにいるのでということで、蚤の市へ出かけました。
しかし、ここで私の盲点をつかれてしまいました。蚤の市をやってるのはアンデアの向こうという認識でカールスプラッツから一つ地下鉄で向こうに行けばいいって思って乗った地下鉄が別路線・・・。外に出たら違うことに気がつき、またカールスプラッツに戻り正しい路線に乗り換えましたよ・・・。ごめんなさい。たまには地図くらいマジメに見ないといかんですね。

蚤の市をさらりと見ていたら雨が結構降ってきたので退散する。

そして、私希望のところへ。
それは、昨日チラ見してその後とっても欲しくなったドレスを見に行ったんです!!ドレスなんてどこに着ていくのさって感じですが、着て行く先がある!それは「ブダペストオペレッタ劇場!」ここならドレスの人もたまにいるから浮かないぞ!!そして、やっぱりOttoに見せたいのだ!!
ドレスを見てちょっと気になったっていう話をひょろさんにしたら、日本ではこんなドレス安くで買えないし、気になるんだったら試着して買ったらいいのに!とのアドバイスも頂いて、いざマリアヒルファー通りのドレス屋へ。

ドレス屋さんはもうすぐBalの季節だからか、もともとBalのある国だからか結構道沿いにあるんですよね。そのなかでも、たまたま目に付いて入ったお店がひょろさん情報によると有名だったみたいで「Jobbich」というお店でした。
中に入ってみて、ロングドレスの方が沢山あるんですが、裾を詰めてもらう暇は無いし、ショート丈のほうが好きだったのでそちらを見る。
昨日気になっていた黒のセクシードレスと、今日たまたま目に付いた白いドレスを持ってると、お店のおばちゃんが寄って来て試着すれば?と言ってくれたので試着室へ。
最初に白ドレス着たら、可愛い♪なかなかいいかも♪と満足。
で、セクシードレスを着たら、セクシーすぎて・・・外になんか着て出かけれません!!
ということで、2着しか着ずにドレスを購入すること決定(笑)
129.9ユーロのドレスを購入しました。結構可愛いです。しかし、日本に持って帰っていつ着るんでしょうか?
同行のりうさまにも勧めてみる(自分だけ目立つのは恥かしいから:笑)
しかし、彼女は小柄な為、好きなドレスにサイズが無く断念。

そんなことをしてたら時間がなくなってきた!!
本当は近くのスーパーに寄って帰ろうと思ったのに時間がなくなったので、地下鉄のホーム?にあるパン屋さんでバスの中で食べる用のパンとかを買ってみる。

でも、結局はバスの時間には余裕で行けたんですが(送ってもらったんです!ありがとうございました!)、定時の14時になってもバスが出ない・・・。

先日の日記にも書いたんですが、今晩はOttóに会う日なのよー!!!!!!!!
と念を込めてると、中国人ファミリーが遅れて乗ってきました。しかも、乗ってすぐに空いてる席にバラけて座り(一応全席指定)、りうさんの前に座ったおばちゃんはなんの断りも無くMAXに椅子をいきなり倒してきたんです・・・。非常識!!
ムカついて、出してあったテーブルを邪魔だしバンッって片付けたら「あらやだ、おこられたわ!」って感じで別の席に行ってくれたのでラッキーでした。

一応、最初の予定では17:10にブダペスト到着予定でした。しかし、行けども行けども高速道路を走ってるし・・・(爆睡してて起きるたびにまだ着いてないっていう気分だったんです)
結局18時にブダペスト・ネプリゲートに着いたんですが、公演は19時からなのよー!!
しかも、バス停見えてるのに超遠回りして正しい位置に止めるし(←当たり前なんだけどさ。なんであんなに大回りなのか謎なくらい無駄な道を走った気がする)、バスが止まっても荷物が出てこないので、思わず運転手さんが荷物下ろすのを積極的に手伝ってしまった。

荷物をGETして、地下鉄へ。地下鉄とトラムを乗り継いでアンダンテさんへ。
アンダンテさんでは鍵を受け取って、挨拶もろくにせず(すいません)部屋の中へ。

スーツケースを開けて、この日買ったばかりのドレスを出す。で、自分では閉められないチャックをりうさまに閉めてもらう(爆)
ドレスは肩ナシの胸元までしかないヤツに同じ生地のショールとコートだけで出かける。アドレナリンが出てるからか(笑)、ウィーンよりは暖かいからかそんなに寒くも感じずに劇場に5分位前には到着した。
もぎりのおじちゃんにもドレス姿を見せたかったのにこんな日に限ってお休み(>_<)残念。

最前列に座り、Abigélを♪

Abigélの感想は長くなるので別にします。

最前列と出待ちを堪能した後は、小腹が空いたのでケバブを食べに行く。
私はドレスだから持って帰って食べたかったのに、熱々が食べたいと同行者が言うのでお店で食べることに。
なので、お店の中でもコートは脱がず、顔をテーブルの上に出して零れてもいいように食べてました。
ここのお店のおばちゃんがうちらが帰る時に「ハローストック」といわはりました。
ハンガリーの簡単な挨拶は「Szia! シィア!」ですが、同じ感じで「ハロー」も使われます。この挨拶は会った時だけではなく、サヨナラする時も使えます。
複数形もあって「シィアストック」なんですが、「ハロー」複数形なんて今まで聞いたこと無かったんですが、活用できるらしいです・・・。


良かったら押してね!
にほんブログ村 海外生活ブログ 東欧・中欧情報へ
[PR]
by naonao_vagyok | 2008-12-28 19:12 | 日記

プロデューサーズとウィーンのお買い物

下書きをワードでしてたんですが、物凄く長かったので、サクッと隠そうかと・・・。

やっぱり、1日の行動内容と観劇日記を一緒にしたのがまずかったのか?!

お暇ならどうぞ
[PR]
by naonao_vagyok | 2008-12-27 20:58 | ウィーンミュージカル

REBECCA 7回目観劇と待ち歩き1日目

前の記事でも書いたように、バスでウィーン入り。お世話になるひょろさんと会い、荷物を整理して街へGo!!

最初はランチにオーバーラーへ。私はラビオリ、友人のりうさんはソーセージを頼んで仲良く半分こして食べました。
写真・・・。気が向いたら後日載せます。写真までやってると時間かかるので、とりあえずレポを忘れないうちにUPしたいんです~!!

その後、1階でマカロンを買い、食べ比べ用に近所のゲルストナーのマカロンを買いに行くが、ここでむかつくこと発生。
たまにアジア人嫌いの店員に出会うんですがそんなことは滅多に無いことだったんですが、ここの店員に一人いました・・・。待っていたうちらを無視して違う方にいる後から来た客を構いだす店員。わざとなのが見え見えなくらいフンッって感じで無視されました。なんだかさっきまで気分良かったのになーっていう感じでした。この後は他の店員が来たのでその人にちゃんと対応してくれましたが、一人こんな人がいるとイヤですわ。

で、りうさまの希望で譜面屋さんのドップリンガーに行き、高級スーパーユリウス&マインル(と私は思ってる)に行き、カフェツェントルムへ。
mayさまに教えていただいた暖かいチョコプディングMohr im Hemdを食べに行ったのです!美味しかったけど、疲れた胃腸には最後の方辛かったです(爆)
でも、濃厚で美味しい物を食べたい気分の時にまた食べに行きそうな予感。

一度部屋に戻り着替えたりして出かける。と、ナゼか乗り換えの駅で地下鉄が全然来ない!!
メッチャ焦りました。時間はどんどん過ぎるしで、やっと来たころには19時過ぎてるし・・・。
結局劇場までダッシュして、開演2分くらい前にチケットを受け取り(爆)席へ。先に来ていたひょろさんに心配掛け捲りでした・・・。

REBECCA ラッキー7回目のキャストは
ICH: Wietske Van Tongeren
MAXIM: Lucius Wolter
Mrs. DANVERS: Susan Rigvava-Dumas
FAVELL: Ramin Dustdar
VAN HOPPER: Carin Filipcic
BEATRIS: Kerstin Ibald
FRANK: André Bauer
BEN: Norberto Bertassi
です。
最後にして、初ルシウスです~!!!!!調子の悪いUweちゃんを見るくらいならTimかルシウスが見たいと思ってたんです♪
Ichとダンバーズ夫人とベアトリスとフランクとベンは皆勤賞です。
ベンは一度でいいからキノコFrizで見てみたかった!
後の人はやっぱりファーストが一番♪
今回、ファヴェルがカースティンでもなくTimでもないのがちょっと不服でした。見た目と縁起は悪そうなんだけど、カースティンがかもし出すいやらしさが無いんですよ!!Timは爽やかファベルで別格なのでよし(笑)

ともかく駆け込みで、私がコートを預けてる間にりうさんがキャストを少しだけチェックしてくれただけで観劇へ。

最初のホテルのシーンで誰がいるか分かる。

今回はセンターブロックの右寄り、最前列だったんですが、ホテルのシーンのアンドレが近い!!そして、面白すぎるぞアンドレ!!
主役級が左でしゃべってるのを無視して私は右のアンドレとベアトリスの夫婦の動きを見てました(笑)

ルシウスは爽やかかな。演技は無難にイイ感じで歌がうまい。ウィスケとのサイズもちょうど良かったです。Timだと大きすぎるし、Uweだと年の差が・・・。

スーザンは迫力が増してるって言うか、繊細さに磨きがかかってる!!手指の動きや、歌が小声になってもはっきり聞こえるし迫力が伝わってくるの!!スゴイ感動した!!
なんかロマンチックなフランス、迫力のハンガリー、繊細のウィーンって感じがしました(なんだそりゃ?)

ヴァンホッパー夫人はやっぱりCarinさんが上手い♪面白おかしいです♪
やっぱり襟巻きちゃんのおてては動かして欲しいです♪

はじけまくりのアンドレ・・・。仮面舞踏会には少し遅れて出て来たくせに、すぐに前がはだけて胸が殆ど丸見え!!胸毛が(爆)
今回の最前の席は難破船のシーンで迫力のアンドレの目の前!!足を踏み込んでくる時の迫力がもうたまりません♪

アンサンブルにTimがいなくて残念(>_<)
そして、お気に入りのオリバーがいない!って思ったらひょろさんに明日のプロデューサーズに出てるよ!って教えてもらいました。

出待ちは寒いので速攻諦めて帰宅しましたとさ。

にほんブログ村 演劇ブログ ミュージカルへ
にほんブログ村 海外生活ブログ 東欧・中欧情報へ
[PR]
by naonao_vagyok | 2008-12-25 23:36 | ウィーンミュージカル

ウィーンへの往復

今回はストライキに大当たり。
まずは飛行場(ハンガリーマレーブ航空)から始まり、ウィーンまで行く長距離鉄道(MAV)も止まり、市内交通もあわやという3連チャンの洗礼でした。

まぁ、飛行場は大丈夫だったんですが、鉄道がモロでした。私が渡欧する2日前より始まり、帰る日の朝0時に終わりましたよ・・・。
ウィーンに行くつもりで、往復の電車プラスウィーンの市内交通乗り放題券で5000円くらいのものなんですが、先に現地入りしていた人に買ってもらっていたんです。ウィーンに旅立つ日の朝に買うのは難しそうだからって。そしたらストライキ・・・。
すぐに終わるかと思ったのに終わらなかった(>_<)ギリギリまで待とうと賭けをしたんですが、負けてしまいました。
結局ブダペストに着いた日の夜にアンダンテさんにお世話になり「オレンジウェイズ」という格安バスを手配してもらいました。
なんとウィーン往復で一人5000ft(日本円で2500円くらい)なんです!!!スゴイ安い!!このお値段できれいなバスでコーヒーがタダで出てくるんですよ!
そして、道が混んでなければ(←ここポイントです)電車と同じで片道3時間で着きます。

EUROLINEというバスは片道5000円くらいした気がします(往復だっけ??)。そして、出発の24時間前だとネットじゃ買えなくなるんですよー。出発の9時間くらい前に決心した私には買えなかった・・・。

オレンジウェイズはチケットを印刷して当時持っていくだけでOKというお手軽さでした。

ただ、荷物にお金が要ります。1個200ftか1ユーロ。フォリントの方が安いと思うのでフォリントで支払いました。

行きは、午前中発だったし、REBECCAは19:30からだからなんにも心配していなかったんです。とりあえずウィーンについてくれればと。
途中機械トラブル?で2度ほど止まりましたが、すぐに動き出したし(止まってる間もエンジンは動いてたし)、止まってたわりに定時に着いたんです。
それで安心したのが間違い。

帰りのバスは、14時発で17:10にブダペスト着が出発は中国人ファミリーの所為で遅れるし、渋滞には巻き込まれるしと、50分遅れの18時にブダペストに着きました。

焦る!!だって、Ottó@Abigél最前列は19時開演なんです!!!!
急いで地下鉄に飛び乗り、トラムに乗り換え(この時地上に上がる道を間違え反対方向のトラム停に出てしまったので車道を車に惹かれそうになりながら走る!)、アンダンテさんに18:20着。

こんなバタバタでしたが、乗り心地は良かったですよ。まぁ、普段ウィーンに行く時は電車の6人乗りのコンパートメントを2~3人で独占してるので(笑)、これよりは狭かったですね。

でも、安いし電車のほかにもこういう移動手段があるということが身を持って体験できました。

ブダペストのスト情報はいつもお世話になってる「ブダペストモウラ」を頼りにしていました。

にほんブログ村 海外生活ブログ 東欧・中欧情報へ
[PR]
by naonao_vagyok | 2008-12-25 21:21 | ハンガリー生活

MOZART! 11回目観劇

何回目か忘れたので去年の自分のをチェックしていたら11回目で結構見てるなぁと思いました。

12月17日(水)19時公演

この日は1日が長かった。
朝5:45に起きて6:40に家を出ました。11時の名古屋発フランクフルト行きのルフトハンザに乗るんですが、なんか運のいい事にキャンペーンで300ユーロ払うとビジネスにアップグレードしてくれると!もちろん頼みました♪ということで、行きは楽々ビジネスシートでした。
とは言っても、かかる時間は短縮されず、ビジネスでは好きな映画が見れるってことで4本も映画を見てしまったし(マンマミーア・センターオブジアース・インディージョンズ クリスタルスカル・ブラザーサンタ)、殆ど眠れませんでした。
フランクフルトでの乗り換えは1時間しかないのに、ターミナルはCに着けられ乗り換えるBまですごく歩くし(しかもCの一番隅だった!)、入国も手荷物チェックも並んでるし(>_<)登場口に着いたのはもう登場時間でした。しかし、まだまだ登場も始まっていなくてラッキー。ここでこんかいのたびの同行者のりうさまとちゃんと出会いました。(りうさまは関空発だったんです)
少し遅れたものの、ちゃんと飛んでくれましたし、ほぼ定刻どおりブダペストに着きました。
ブダでは荷物は二つともちゃんとすぐに出て来て、外に出てすぐに頼んでおいたアンダンテさんのお迎えの方がちゃんと待っててくださいました。
その方の抜群なナビで混んでる市内を走ってくださり、見事劇場に19:15に到着しました!キャスト表なんて見る余裕ナシで走りこみ(笑)
でも、もぎりのおじちゃんとはハグを交わして3階席へ(笑)
席案内のお姉さんは知らない人で、私がここの扉って言ってるのに「違うわよ」と違う所に行かそうとするの!「違うよ!」と言いまくったら「あら、本当だわ」って。オイッ!
ちゃんとその後マイポジションの席へ♪
その時の舞台場面は司教さんのおうちでWolfgangが子供っぽいこと言ってるシーンでした。

では、キャストを
Wolfgang : Mészáros Árpád Zsolt
Colloredo : Nemeth Attila
Constanze : Vágó Zsuzsi
Leopold : Pálfalvy Attila
Nannerl : Vágó Bernadett
Waldstätten : Füredi Nikolett
Schikaneder : Bálint Ádám

久しぶりのオペレッタ劇場の迫力にいきなり入り込んで、最初はちょっと圧迫感がすごかったです。
でも、この近さ・この迫力が懐かし~♪
キャストがどうっていうのは特に無く、とりあえず見れて満足と言う気分でした。

JUMIさま情報ですが、この前日12月16日がMOZART!200回記念だったそうで昔WolfgangをやっていたOttóも出て来たそうです(>_<)1日ずれててメッチャショックでした。
a0100049_21114316.jpg

見たかった・・・。
でも、こんなに劇場の写真に載っててちょっと幸せ♪いままで殆ど見たこと無かったんですもの。

200回中11回か、5%くらいは見てるのか?!(あれ?この数字ってミュンヘン分入れてたっけなぁ)
[PR]
by naonao_vagyok | 2008-12-24 21:13 | ハンガリーミュージカル