タグ:MOZART! ( 20 ) タグの人気記事

Brnoでの観劇関係の写真

まずは劇場Městské divadlo Brnoの入り口

a0100049_0414464.jpg

ここの真ん中を通ると右側にチケット売り場があります。

a0100049_0423389.jpg

ここのおばちゃんはなんとチェコ語オンリーです。ブダペストと違って外人が来ないんでしょう。
今回kururuさまが予約してくださったチケットを受け取るのに、
英語+日本語→ジェスチャー対チェコ語
の会話?で無事チケットはGETできました。
kururuさまとやり取りをしていた英語のできる方はちょうど不在だったのですが、その後会うことができたのですがとてもとても親切な方でした。
で、チェコ語オンリーのおばちゃまがたもとても親切で、ジェスチャーで会話してる私たちにチェコ語で色々しゃべってくれました(笑)

このチケット売り場を右手に進むと、チケット売り場の真横に沢山のポスターが張ってありました。その中に三銃士発見!!

a0100049_0465949.jpg

チェコ版の三銃士はドイツ・ハンガリーと違うバージョンで韓国が同じバージョンで、これはこれで結構面白いです。

そのまま先に進むと、今回の劇場が正面に見えてきます。ここの劇場は近代的で結構最近立てられたようです。古い劇場も残っているので、Foyer2と(たぶん劇場のナンバー)かかれています。

a0100049_0491032.jpg


その入り口の横には今回の作品のMOZART!のポスターが

a0100049_0495169.jpg

ギターを持ってはねてるWolfgangですが、舞台上にはギターは出てきません!!
なぜ持ってるんでしょうね。

下の写真は劇場にいた見た目の恐ろしいアマデ人形です。

a0100049_046442.jpg

これも、なんで飾ってあるのか不思議ですがとても大きいです。3・4mはあるのでは?

そして、今回の目玉商品(笑)出待ちの仕方です(笑)
なんと二日目に出待ちしたのですよー。
まず、役者が出てくるところが分からず席案内のおばさんに声をかけると、「私英語分からないから~」と分かる人のところに連れてってくれる(親切)
でも、その英語分かる人って言うのが私より英語ができないお嬢さん・・・
とっても簡単な単語で、「サインを貰いたい」というと、「無理」って答えられたんだけど、たぶん私たちがあなたに役者のサインを貰ってきてくれと誤解されたと思い、「私達は役者を待ちたい。役者の出口はどこ?」と聞いたら、親切に教えてくれました。
上に出てきた劇場の入り口に向かって左のほうにガラス張りのレセプションがあるんです。

a0100049_0544290.jpg

ここでいいのですが、実際終演後行くと、あまり出てくる人がいなくて他の出口から桶の人が出てくるのでどうしようか悩んで、
レセプションにいる人に聞きに行って来ました!
この人も英語分からないみたいなのでパンフ見せてここに来る?とジェスチャーで聞いたらうなづいてくれたので、待つことに。
そう!寒いチェコ、暖かい室内で待つことにしたんです(笑)最近外で待ちたくないので(笑)

で、最初にGETしたのがコロレド大司教のJiří Machです。今彼のページ見に行ったら自分より年下でブルー・・・。

a0100049_059773.jpg

そのあと、ナンネルかな?という人にkururuさんが勇気を持って話しかけたら、「違うわよー、あなたたち役者を待ってるの?だったらこっちにいらっしゃい」
と、なんと下の階に連れて行かれる。
その先には、カフェというか飲み屋?な雰囲気の場所。「Don't worry こわくないわよー」って言ってくれるが怖いって言うか気後れしますがな・・・
で、彼女は親切にナンネルの人を呼んできてくれました。

a0100049_111527.jpg

で、この彼女と写真を撮ってたらWolfgangのDušanがっ!!(あ、この人も年下・・・)
もちろんGETしましたよ~(笑)

a0100049_124488.jpg

大きい人でした。
逆立ちしてそのまま進みながら歌えるだけあって、体はできてます。どこかのお腹の出てるWolfがいる(いた?)国とは違いました。

で、サインと写真だけ貰って外に出たら、なんと今いたところは一般人でも入れるお店で外からはこんな感じです。レセプションの外の横の階段から降りれば入れます。

a0100049_1541.jpg

だれがこの次この劇場に行くかわからないですが、以上出待ちの仕方レポートでした(笑)
[PR]
by naonao_vagyok | 2010-10-25 01:06 | その他海外ミュージカル

BrnoのMOZART!の感想?

10月19・20日でチェコの第二の都市のBrnoで、MOZART!を見てきました。

キャストは(初日・二日目の順です)
Wolfgang Mozart : Dušan Vitázek (二日とも)
Amadé, porcelánové dítě :Marek Hurák / David Žák
Malá Nanynka:Hana Sapáková (二日とも)
Leopold Mozart :Jan Ježek / Michal Šebek
Nanny :Marta Prokopová (チビナンネル)(二日とも)
Hieronymus Colloredo :Jiří Mach (二日とも)
Hrabě Arco :Jan Apolenář / Lukáš Vlček
Cecilie Weber :Lenka Bartolšicová (二日とも)
Konstance Weber :Hana Holišová / Johana Gazdíková
Baronka von Waldstätten :Jana Musilová(二日とも)
Aloisie Weber :Lucie Šauerová (二日とも)
Josefa Weber :Tereza Martinková (二日とも)
Sofie Weber :Andrea Březinová(二日とも)
Fridolin Weber: Johann Thorwart(二日とも)
Konstance Nissen :Květoslava Ondráková(二日とも)
Emanuel Schikaneder :Jakub Przebinda (二日とも)

最初に何がびっくりしたかというと、聞いてたんですけど衝撃的でした。
刺青&ヒゲヅラ
まあ、どっかのだれかを初めてミュンヘンで見たときの笑撃よりはマシかな(笑)

舞台装置はものすごくシンプルで、大道具なんて片手で数えれるんじゃないかって言うくらいしかなかったです。
幕とかを活用してやってるだけで、ちょっと失敗すると寂しい舞台ですね。

役者の演技はまあまあいい感じで、初日より二日目のほうが良かったです。久しぶりの舞台だからかなぁ?
演出はビミョーです。なんで??という所が多い。でも、ウィーンの原作に結構忠実だと思う。ウィーンからブダペストよりほんの少し近いからかな?(笑)
ハンガリー版を見慣れてる私にとっては曲順が違うのが気になったり(こちらのほうがたぶん正しい)、こんなところにこんなシーンあったっけ?見たいなものがありました。

ウィーン版をすっかり忘れてるんですが、Wolfgangが友達を賭け事をするシーンってありましたっけ?しかも、結構つまんないシーン・・・

キャスト表を上に整理して書いてたら(っていうかコピペですが)、またまた衝撃の事実!!
コンスタンツェ・ウェーバー以外にコンスタンツェ・ニッセンがいるんです!!
ニッセンの出番は1幕の最初と(2幕の最初はでたっけなぁ?)2幕の最後でWolfが死ぬときに色々な人が回りに出てくるのですが、例えばセシリア・ウェーバーがピアノの上のお金を盗みにきたり、ナンネルが出てきたり、でコンスタンツェはニッセンのときに着てる頭まで隠れるフード付のコートを着てメスマーにお金をせびってる感じで出てくるんですね。

チビアマデの存在感も薄いんです。あまり出てこないし(ハンガリー版が出てきすぎなのか?)あまり演技もしないので(二日目のアマデは少ししたけど)よく分からない存在になってるのに、最後にいきなりWolfを殺そうとするんですよ。
あ、思い出した衝撃の事実(って多すぎ?)
Wolgangが死んでもアマデが死なない!
普通一緒に死にますよね?
Brnoのアマデはそのまま生きてるんですね~不思議です。

個人的に気になったのは、初日のレオポルド役のおじさん。歌詞を忘れたのか間違えたのか早口でしゃべりすぎたのかわからないのですが、2曲くらい歌い終わってもまだ曲が続いてたんです。
チェコ語にすると短くなるのかな?て思ったんですが(日本語にすると長くなるように)、タダの彼の失敗のようで二日目の人は普通に曲とぴったりで歌ってました。

コンスタンツェの持ち歌ですが、あれって片付けソングでしたっけ?Brno版は枕を蹴飛ばして舞台の端に飛ばしたり、ピアノを動かして舞台から片付けたり、最後にはカーテンまではずして、それを引きずりながらトボトボと歩いていきました。

とりあえず、こんなところで。
また思い出したら書くかも?
っていうか、ブダのREBECCAの感想書かなきゃ・・・
[PR]
by naonao_vagyok | 2010-10-25 00:38 | その他海外ミュージカル

屈辱の舞台(笑)

某Magócs Ottóの話ですが(笑)、もともとMOZART!の主人公のWolfgang Mozartをやっていたわけですが、まあ明らかに人気がないせいか、見た目のせいか(爆)、主役を降ろされて、そのまんまになっているんですね。

しかし、先日のMOZART!の舞台に彼の姿がっ!!

でも、主人公じゃなくてDoktor Messmer役(爆)
こちら

前にミュンヘンで遠征公演をやっている時に、セカンドの主役をやりつつ、ファーストのPatrick Stankeが主役をやっている時は何故かDr.Messmerやってたんですよねー。そのためか、今回普段やってる人が多分オペレッタの遠征でいないのか抜擢?された模様。

この役をやることに関して、本人は「メッチャ屈辱!」って言ってました(笑)
ま、そりゃそうですね。で、やっぱりまだWolfgangに未練があるらしい(笑)
ガンバレー。多分無理だから(爆)
[PR]
by naonao_vagyok | 2010-04-17 22:37 | ハンガリーミュージカル

簡単な感想を

韓国版MOZART!見てきました。

感想は・・・

最高!!


です。

めっちゃリピートしたい!!!!!!

1回しか見れなくて残念です。
[PR]
by naonao_vagyok | 2010-02-08 23:02 | その他海外ミュージカル

ソウルのMOZART!の映像

kururuさまのところからいただきました。ソウルのMOZART!の映像です。

↓こちらは、Youtubeなので画像ごと載せれたんですが、後の二つは韓国のものなのか、ナゾの漢字なのでどう使ったらいいのか分からないので、URLだけ載せておきます。(もちろんクリックしたら飛べるようにはしておきます。)



後はコチラ、
http://v.youku.com/v_show/id_XMTM4NjQzNTA0.html

http://v.youku.com/v_show/id_XMTM4NjcwMTYw.html

ひとつは、シカネーダーの曲で、もう1つは司教さん登場シーンですね。動きがハンガリーとは違うなーって思ってみました。
っていうか、日本バージョンは2種類とも最初の年に見てるはずが全然記憶に無いぞ・・・。
[PR]
by naonao_vagyok | 2009-12-20 00:28 | その他海外ミュージカル

ソウルのMOZART!

来年の2010年 1月 20日(水)~ 2月 21日(日)まで、ソウルの世宗文化会館 大劇場 (今年フランス版のR&Jやってた劇場です)で、韓国人によるMOZART!が上演されます。(コチラ
a0100049_014124.jpg


もちろんいくつもり満々で、どうやってチケットを手に入れるか悩んでいる最中です。

チケットを代行購入してくれるところに頼もうと思っているのですが、なかなかHPに出てこなくて、問い合わせてみました。

大分前、まだチケットが発売されて無い頃に聞いたところは、「取り扱うかまだ分からなくて、取り扱うなら連絡します」と言う返事だったんです。

しかし、数日前に連絡したところ(前回フランス版R&Jを購入したところ Jz Box Office)に問い合わせのメールを入れてみたんです。そしたら、「取り扱い可能です。詳細を詰めたらまた連絡します」という返事が来た30分後に再びメールが。
「大変お待たせいたしました。 お問い合わせの公演のページを作成しました」と・・・。

そのページはコチラです。(ログインが必要です)

おや??私の為に作られたってことは、やっぱり買わなきゃいけないかな?(笑)

ん?早めに頼むと2千円くらい安いんですけど?!

しかも、今週末までにって・・・。さっさと決めろってこと??

どうしましょ?行くなら(っていうか行くけど)安いうちにチケットを買いたいが、同行者の1人が2月のほうが都合がいいのよね・・・。どうしよ?置いてく?(爆)←ごめんりうさん(笑)

近日中に決めねばー!!
[PR]
by naonao_vagyok | 2009-11-19 00:13 | その他海外ミュージカル

韓国でMOZART!

先週末、ソウルに行って三銃士を見てきました。
物凄くよかったので、パンフを購入しました。
a0100049_2017183.jpg

このパンフ(というか、プログラム?パンフレットとプログラムってどう違うんだろう?)は左綴じだから右開きで読まなきゃいけないのに、日本人の癖なのか、左開きで裏からあけてしまったら、最初のページ(最終ページなんですが、最初に開けたページということです)に大きく
a0100049_20194111.jpg

MOZART! Das Musical
2010年Coming soon
Dasって・・・Dasなのね。

2010年にソウルに行くこと決定!!!!!みたいな記事を見つけてしまいました。

今回、三銃士を見て、韓国のミュージカルのレベルの高さ・ダンスのレベルの高さを実感してきたのでとても楽しみです。
ただ、日本版を参考にしないでほしいなぁ・・・と。

たぶん、今ちょこちょこながらもM!を上演し続けてるのはブダペストオペレッタ劇場だけだと思うんだけど、見に行ったりするのかなぁ?

↓よかったら押してください!
にほんブログ村 演劇ブログ ミュージカルへ
にほんブログ村
[PR]
by naonao_vagyok | 2009-06-22 20:23 | その他海外ミュージカル

MOZART! 11回目観劇

何回目か忘れたので去年の自分のをチェックしていたら11回目で結構見てるなぁと思いました。

12月17日(水)19時公演

この日は1日が長かった。
朝5:45に起きて6:40に家を出ました。11時の名古屋発フランクフルト行きのルフトハンザに乗るんですが、なんか運のいい事にキャンペーンで300ユーロ払うとビジネスにアップグレードしてくれると!もちろん頼みました♪ということで、行きは楽々ビジネスシートでした。
とは言っても、かかる時間は短縮されず、ビジネスでは好きな映画が見れるってことで4本も映画を見てしまったし(マンマミーア・センターオブジアース・インディージョンズ クリスタルスカル・ブラザーサンタ)、殆ど眠れませんでした。
フランクフルトでの乗り換えは1時間しかないのに、ターミナルはCに着けられ乗り換えるBまですごく歩くし(しかもCの一番隅だった!)、入国も手荷物チェックも並んでるし(>_<)登場口に着いたのはもう登場時間でした。しかし、まだまだ登場も始まっていなくてラッキー。ここでこんかいのたびの同行者のりうさまとちゃんと出会いました。(りうさまは関空発だったんです)
少し遅れたものの、ちゃんと飛んでくれましたし、ほぼ定刻どおりブダペストに着きました。
ブダでは荷物は二つともちゃんとすぐに出て来て、外に出てすぐに頼んでおいたアンダンテさんのお迎えの方がちゃんと待っててくださいました。
その方の抜群なナビで混んでる市内を走ってくださり、見事劇場に19:15に到着しました!キャスト表なんて見る余裕ナシで走りこみ(笑)
でも、もぎりのおじちゃんとはハグを交わして3階席へ(笑)
席案内のお姉さんは知らない人で、私がここの扉って言ってるのに「違うわよ」と違う所に行かそうとするの!「違うよ!」と言いまくったら「あら、本当だわ」って。オイッ!
ちゃんとその後マイポジションの席へ♪
その時の舞台場面は司教さんのおうちでWolfgangが子供っぽいこと言ってるシーンでした。

では、キャストを
Wolfgang : Mészáros Árpád Zsolt
Colloredo : Nemeth Attila
Constanze : Vágó Zsuzsi
Leopold : Pálfalvy Attila
Nannerl : Vágó Bernadett
Waldstätten : Füredi Nikolett
Schikaneder : Bálint Ádám

久しぶりのオペレッタ劇場の迫力にいきなり入り込んで、最初はちょっと圧迫感がすごかったです。
でも、この近さ・この迫力が懐かし~♪
キャストがどうっていうのは特に無く、とりあえず見れて満足と言う気分でした。

JUMIさま情報ですが、この前日12月16日がMOZART!200回記念だったそうで昔WolfgangをやっていたOttóも出て来たそうです(>_<)1日ずれててメッチャショックでした。
a0100049_21114316.jpg

見たかった・・・。
でも、こんなに劇場の写真に載っててちょっと幸せ♪いままで殆ど見たこと無かったんですもの。

200回中11回か、5%くらいは見てるのか?!(あれ?この数字ってミュンヘン分入れてたっけなぁ)
[PR]
by naonao_vagyok | 2008-12-24 21:13 | ハンガリーミュージカル

超超 大ショックーーーーー!!!!!

ショックです~!!!!!!!!!

気が付けば、オペレッタ劇場のHPでは12月の公演のキャストが決定してたみたいです。(コチラ

見る予定の公演のキャストを見ると、私的にハズレな気がする(>_<)

まずは、到着日の17日のMOZART!
一緒に行く友人にDolhai@Wolfgangを見せたかったのにArpiだった。別に彼は彼で悪くないんだけど、ArpiはAbigélにも出るし、ここでDolhaiに会えないと今回一度も会えないことになるんだよね。
司教さまも、SzilveszterさんではなくNemethさん・・・。
救いは、シカネーダーが可愛いÁdámということかなぁ。
・・・前日のキャストと全部入れ替わってくれてもいいのになぁ。

そして、今回の目的Abigél初日になる20日
目当てのOttóが出る♪と喜んだのもつかの間。
21日の公演がネット上は15時と19時があるのですが、ナゼか15時は予約できるのに19時が予約できないんです。
そして、Ottóは19時に出演。出待ちは出来るが舞台で見れない可能性大!
最終日の22日はファーストの人・・・。

そう、ある意味Ottóを見るためだけに考えた旅程なのに、一度しか見れないみたい。

もう、泣きたいよ。


ブルーです。
[PR]
by naonao_vagyok | 2008-11-10 21:51 | ハンガリーミュージカル

MOZART!7~10回目観劇♪

私の一番好きなミュージカルですが、2日間でマチソワ・マチソワはちょっときつかったです。
でも、年末には4日連続R&Jマチソワが控えてるのでどうなっちゃうことやら。

キャスト
Wolfgang Mozart: Dolhai Attila / Mészáros Árpád Zsolt
Amade: Gellért István / Földes Márton
Colloredo: Szabó P.Szilveszter / Németh Attila
Constanze: Siménfalvy Ágota / Vágó Zsuzsi
Leopold: Földes Tamás / Pálfalvy Attila
Nannerl: Kékkovács Mara / Vágó Bernadett
Waldstätten bárónő: Náray Erika / Füredi Nikolett
Schikanede: Bereczki Zoltán / Bálint Ádám
Arco gróf: Dézsy Szabó Gábor / Langer Soma

今回は何故か色々なハプニングが!!

まずは、私の好きな司教さんネタから♪

司教さんの最初の登場シーンのあと次のシーンに行く時に、舞台に出ていたものを奥のほうにアンサンブルの人たちが持って行きながら去っていくんですが、その時に鏡張りの燭台が倒れて可動式スロープに轢かれて、ロウソクが吹っ飛んでました。もちろん、轢いたスロープも微妙な音を立ててました。

ウィーンに行く馬車というかソリのシーンで、トイレタイムの間にソリの向き変えますよね?その時に従者の人のストックを挿しておくところが一つ取れたみたいで、困った従者君は座席に立てかけておいたら、Szilveszterさんが乗るときその1本を持って座って、「行け~!」という感じで前に向けてました(笑)。かわいそうな従者君はストック1本で華麗に滑って去っていきました♪

一幕後半の司教さんの入浴シーンで、真ん中の大きいセリが廻りながら上がってくるんですが、正しくは正面向いた時点で廻るのを止めてあとは上がるだけなのに、4回目の時あがり終わるまで廻るからタイミングがおかしくて、Wolfgangが誰をからかってるのか分かりにくいし(だってこの台詞の時、壁が正面だったんです。)、Szilveszterさんはタオルを巻きながら裏から出てくるし!リピーターは「あ~あ」って見てれますが初見の人は何でタオルを巻いただけの司教が裏から出てくるの?とビビったのでは?
そしてこのシーンもう1人大変だったのが、セリの上でその後の出番を待っていた従者君。いつもと違う向きでセリが止まってしまったので、このあと司教さんが書類を書くためのシーンのために燭台や椅子の向きを1人で頑張って直してました!!(普段動かない役だけに焦ってるのがよく分かりました)

司教さんネタはこんな感じです。後は他の方。ハプニングというよりはミスかな?
シカネーダーのダンスでとあるアンサンブル君が中央よりの3列目くらいにいるんですがダンスの途中でステッキを落としまして慌てて拾いに行ってました。うーん、彼は最近増えたアンサンブル君なんですが舞台慣れをまだしてないのかごまかすってことを知らないのか焦ってるのが丸分かりな拾い方でした。
Adamシカネーダーですが、彼もアンサンブルが投げてくれる帽子を上手く受け取れなかったけど、こちらはちゃんと歌いながらごまかしつつ拾ってました♪

今回2日間見たんですが、2日で指揮者が変わったんです。普段は指揮者変わっても気にならないんですが、今回はすごくよく分かりました。
二日目の指揮者の指揮するスピードが速い!!本当に早っ!って思うくらい早いんです。
キャストたちの口が廻ってないどころか、曲においてかれて不協和音な歌を歌いだしちゃったりすごくかわいそうでした(>_<)
終わった時間を見てビックリ!前日の指揮者と15分違うんです。早い指揮者さんは早く帰りたかったんでしょうか?
でも、あの指揮はちょっといただけないと思う。あきらかに指揮が早い所為で役者が歌えて無いんだもん。しかも1人だけではなく複数人・・・。

指揮者によって同じオケがこんなに変わるのをすごく体験しました。

あ、出待ちですがオケの人も数人顔見知りが出来たんですが、昨日マチソワの間の出待ちをしてたら仲良しのギターのおじちゃんが話しかけてきてくれました。
色々聞かれたんですが、「楽器は何してるの?」との質問・・・。してなきゃいけないんでしょうか??とりあえず10年位前に止めたけどギリギリまだ少しはひける楽器「ピアノをやってます」と答えたけど、何であんな質問が??その前に日本で仕事は何してる?と聞かれてちゃんと事務所で働いてる(微妙にまちがってるけど)と答えて、「事務所?毎日書類ばっかりなんて(>_<)」という言葉を頂いてるのに。まぁ、仕事しながら楽器をするのは可能だけど、私の仕事では両立は無理だしもうやろうっていう情熱が無いのよね(笑)

さて、これで今年&今回のMOZART!は終わり!!満喫できたし、やっぱり大好きな演目というのは変わらないです。
でも、ただの個人的趣味と願望を聞き入れてもらえるならOtto@Wolfgangがこの劇場で見たい!!です。まぁ不可能に近いことは分かってるんですけどね。
[PR]
by naonao_vagyok | 2007-12-11 03:07 | ハンガリーミュージカル