なんとなく宝塚のDVD見てみた

久しぶりにブダペスト版のR&Jを見て、なんとなく宝塚バージョンのロミオとジュリエットを見たくなり、りうさんにいただいた(ありがとうございます!!お礼に今度なにか持っていきます:笑)DVDを昨日見てました。

生で見たときは結構面白くてリピートしたい!って思ってたんですが、DVDでのんびりと小さい画面で見ると、また違いますよね。

そういえば、今違う組でやってるんですよね~。メッチャいきたいのですが無理なので(>_<)次回帰国したときにDVD売ってたら買おうかと(笑)思ってます。
R&J好きとしてはとりあえず手に入れておこうかなぁと。ただ宝塚のDVDって高いのよね~

で、宝塚とブダペストの違いなんぞちょっと思いついただけ書こうかな。

曲順や全体的な雰囲気はフランス版の初代を真似てるのですが、ロマンチックさを求めてる宝塚と、明らかに勢いで突っ走ってるブダペストでは全然別物ですね。

なんていうんだろう?
同じ曲を使っただけの違う作品
ですね。

宝塚はあれはあれで好きなんですが、DVDになって生の迫力がないと、間延びしてつまんないシーンが・・・

Lehetsz király、邦題なんだっけ?「俺たちの王」かな?(←超適当)これをどうしてあんなに迫力の無いものに出来るのかちょっと悲しい(>_<)曲の後半飽きてくるんだよね~

あとは、Mercutio(マキューシオ)とTybalt(ティバルト)の喧嘩のシーン!!
殺し合いに発展する喧嘩なのに、ミュージカルだから仕方ないけどメインの人たちもダンスしてて緊迫感が無い・・・。Romeo(ロミオ)が歌ってる(しゃべってる?)時に周りでアンサンブルたちと一緒に踊っててビックリしたよ。
フランス版どうだっけなぁ?また今度見直してみよう。
ブダペスト版のあの緊迫感が好きなんだよね~
暑苦しい感じもあるけど、息もつけないくらいの圧迫感があるのがいいのになぁ。
大事なペンダントをMercutioに取られてメッチャ怒ってるのに、MercutioはそんなTybaltを馬鹿にしてるとか。

宝塚バージョンで好きなのが、Julia(ジュリエット)が死んだと思ったときにRomeo(ロミオ)が歌う歌!!毒薬を求める歌なんだけど、あれが切なくて好き~♪
まあ、違う死に方するブダペストには必要ないんだけどね!!

あとは「僕はティバルト」って歌う歌が結構ツボ。フランスの新しいバージョンではTom Rossも歌ってるんですが、画像探しても見つからなかった(>_<)
これ、ハンガリーでも歌ってくれたら爆笑するのになぁ。OttoとかSzilveszterさん・・・笑えるね。

どこのバージョンでも好きなのが、Benvolio(ベンボリオ)のジュリエットが死んだことをロミオに伝える歌(邦題なんだろう?)です!!
ハンガリーだとこれHogy mondjam el


フランス版はこれComment lui dire


とりあえず、たわごとはこれくらいにして寝ます・・・(現地時間夜の0:30)おやすみなさい
[PR]
by naonao_vagyok | 2011-01-15 09:27 | 日記
<< フランス版R&Jの新しいDVD... Rómeó és Júlia3... >>